2019年07月04日

韓国に対する強い制裁を行う必要がある。


 
 反日政策を継続している韓国の経済副首相兼企画財政相は4日、韓国CBSラジオとのインタビューで日本が一部のテクノロジー材料の輸出規制を撤回しなければ韓国は「相応の措置」を検討すると警告した。

 洪副首相は、日本の動きは「明白」な経済的報復だと指摘した。


ひとこと

 反日政策を継続している姿勢自体がそもそも問題であり、敗戦後のどさくさに日本の領土である竹島を軍事侵略して居座っているも問題である。
 選挙区に帰化人が多いためか、発言とは裏腹に弱腰が見られる首相が重い腰を上げたがに見えるが、実際に実行してからの評価になる。

 口先だけの韓国政府や政治家への警告は口先ではなく、強い経済封鎖を実行すべきだろう。
 こうした行動に賛同しない日系企業の製品は
   使わない
   買わない
といった運動を広げる必要がある。
 特に菓子製造会社や衣服などで韓国支持企業の製品やサービスの不買運動を実行して行く必要があるだろう。
  

  
   
posted by manekineco at 21:55| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単なる負け惜しみ


 韓国大統領府(青瓦台)の
   コ・ミンジョン報道官
は3日午後、敵視政策を継続させてきた韓国文政権に対する日本による経済制裁の発動で、輸出を規制する動きをあらかじめ把握していたとメディアに明らかにした。

 韓大統領府の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長は韓国メディアが文政権を非難し、韓国民の親日家の動きを牽制するため、「韓国政府が手をこまぬいていたわけではない」と弁解し、その内容を大統領府の担当記者らにメールで伝えた。

 有機発行ダイオード(OLED)は約70、半導体メモリは約500の工程があるがこれらを全て経てようやく完成品となる。
 
 この工程を一つずつ確認しながら、輸入先が日本に限られる素材や部品を選び出した。
 その結果、長いリストが出来上がったと述べた。

 さらに、「その中で1、2、3番目に該当する品目が、今回日本が規制を決めた品目だった」として「十分に予想していたものであるため、きちんと対応していきたい」と述べたが、品質代替製品の確保は難しいと予想されるものばかりだ。


ひとこと

 韓国の政府の傲慢な姿勢は朱子学的な思考が背景であり、止むことはない。
 大国に媚を売り、虎の威を借る狐のごとき思考もある。
 視点を変えれば、生口を毎年中国に差し出してきた歴史を見れば明らかだろう。
   
  
posted by manekineco at 05:05| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする