2019年07月14日

米国政府の手元資金は9月初旬に底をつく可能性があると警告


 ムニューシン米財務長官はペロシ米下院議長に宛てた12日付の書簡で、最新の予測に基づくと、議会が休会中の9月初めに手元資金がなくなるシナリオがあると説明した。

 従って、夏の休会に入る前に債務上限を引き上げるよう議会に要請すると詰づけた。

 議会が米国の借り入れ権限を引き上げなければ、政府の手元資金は9月初旬に底をつく可能性があると警告した。
  
  
 なお、ペロシ氏は11日、債務上限引き上げに向け議会は今月行動するべきだと述べた。
 しかし、議会が7月26日に6週間の休会に入る前にホワイトハウスと合意をまとめられるのかは不透明な状況。

 これまでムニューシン長官とペロシ議長は債務上限について11日に2度協議した。
 12日も協議を再開する可能性がある。


    
posted by manekineco at 06:28| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藁にすがる韓国


 米国トランプ政権で北朝鮮の核兵器問題で中心的な交渉の担当を担っている国務省のポンペオ長官は韓国の康外相が対話を通じた外交的な解決に向け努力していくことについては会談では理解を示しようで、米韓、日米韓間の各クラスの外交チャンネルを通じ意思疎通を強化できるよう、引き続き協力することで一致したと韓国メディアは好意的に伝えた。
 
 ただ、韓国政府が北朝鮮の傀儡であり、トランプ大統領が次期大統領選挙での勝利を目論んでおり、その戦略の一環としての会談であり、単純に韓国に肩入れした場合に受けるダメージは当然計算しており、動かないというより動けない状況にある。
 
 
    
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする