2019年07月30日

マスコミは何を忖度しているのか?


 安倍晋三首相は北朝鮮が
   短距離弾道ミサイル
を発射した直後の25日、静養先の山梨県富士河口湖町でゴルフを楽しんだ。
 
 日本の安全保障に影響を与えないと判断したためだが、弾道ミサイルは短距離でも日本の一部を射程圏内に収める可能性があった。
 
 プレーを中止しなかったことで、危機管理に対する姿勢が問われる可能性を一部マスコミは指摘するが、もともと米国に媚びてきた政治家であり、忖度しない官僚等が動かしていないため問題はない。
 
 ただ、媚び忖度するような官僚が跋扈し権力を握れば日本の危機だろう。阿呆な野党政治家が事業仕分けや規制緩和などで国の機構を変えたり、無能な首相が勝手気ままに行動したことで原発事故の被害が拡大したようなことでは話にはならない。
 
 危機の本質のすり替えを注しする必要がある。
 特にマスコミの無責任な報道で国民に提供される情報の質の悪さも問題だろう。
 
 京都の放火事件の報道でも、横浜の事件と報道の質が大きく異なり、何故か加害者の背景を意図的に報道せず隠している様に見え、マスコミが忖度している様で異様だ。
 
 
  
posted by manekineco at 04:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アの格付けは、さらに悪化する恐れ


 格付け会社フィッチ・レーティングスは26日、南アフリカの格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。
 南アの格付け見通しはこれまで「安定的」だったが外貨建ておよび自国通貨建て国債の格付けは、いずれもジャンク級の「BB+」で据え置かれた。
 
 ただ、南アの格付けは、さらに悪化する恐れがある。
  
 この見通し変更についてフィッチでは、「国内総生産(GDP)の成長率低下と国有企業助成を含む歳出増加によって、財政赤字が著しく拡大したことを反映した」と説明した。

 なお、南ア政府はこれより先、債務に苦しむ国営電力会社エスコム・ホールディングスに590億ランド(約4500億円)を追加支援すると発表していた。
  

     
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

     


 
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする