2019年08月06日

本性を表し始めた


 韓国の文在寅大統領は5日、大統領府で開いた首席秘書官・補佐官会議で日本経済が韓国より優位にあるのは
   「経済規模と内需市場だ」
と指摘したうえ、南北経済協力によって
   平和経済
が実現すれば一気に日本に追いつくと節操のない夢物語を語り本性を表した。
 
 「平和経済」とは、北朝鮮との経済共同体を指すとみられているが、資金不足がネックとなり、嘘つきに資金を貸すような酔狂な者ははいない。


 日本の輸出管理厳格化について、文氏は韓国が経済強国に進むための刺激剤になると虚勢を張って韓国民に訴えかけた。
 文氏は「過去を記憶することができない国」「経済力だけで世界の指導的地位に立つことができない」などと日本を強く批判した上で、嘘つきで信頼性が欠落している韓国が
   道徳的優位
を土台に未来を切り開くと主張した。
  
  
 
ひとこと
 
 嘘を並べたて馬脚が見え見えの主張は呆れさせるばかりだ。
 対抗するのであれば、日本からの資金や技術などの提供を拒否すればいい。
 そもそも、好機の追う祖字あを買う必要もない。
 
  
  

   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする