2019年08月16日

ポピュリストの野党候補の躍進に市場は警戒感

  
  
 アルゼンチンで11日に行われた大統領選の予備選挙で現職のマクリ氏がポピュリストの野党候補
   フェルナンデス氏
に予想外の大差をつけられた。
 
 アバディーン・アセット・マネジメントの新興国市場ソブリン債責任者、エドウィン・グティエレス氏はメディアの取材で「市場はデフォルトを織り込み始めている」と指摘、「疑わしきは罰せずという原則を市場はフェルナンデス氏に適用することに後ろ向きだ」と語った。
 

   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3カ月連続で中国をおさえて世界船舶受注量1位を記録?


 韓国造船業界はウォン安の影響から3カ月連続で中国をおさえて世界船舶受注量1位を記録した。

 英国の造船・海運分析機関クラークソンリサーチは13日、7月に世界で発注された船舶25隻・55万CGT(標準貨物船換算トン数)のうち韓国造船業界が半分の27万CGT(10隻)を受注したという。
 
 中国造船業界は20万CGT(11隻)を受注して2位に留まり、日本は3万CGT(1隻)で3位を記録した。
今年(1〜7月)の累積受注量は中国が474万CGT(占有率40%)で依然として1位を守った。
 
 続いて韓国374万CGT(32%)、日本145万CGT(12%)、イタリア114万CGT(10%)となっている。
 
 韓国の累積受注量基準の占有率は4月に中国と17%ポイントまで広がった。
 
 最近3カ月連続で中国を上回ったことから格差は8%ポイントに縮まった。
世界累積発注量は7月末を基準として1182万CGTで昨年同期比43%減少したことが分かった。
 
 これに伴い、7月末の世界受注残高も前月より225万CGT(3%)減少し、国別減少量は中国(−77万CGT)、日本(−70万CGT)、韓国(−56万CGT)の順となっている。
国別受注残高は中国(2795万CGT)、韓国(2031万CGT)、日本(1365万CGT)の順だ。昨年7月末と比較すると中国と日本はそれぞれ9%、24%減少した。
 通貨安で韓国は2%増加したことが分かった。
 
 なお、受注残高は造船業者が受注契約を締結した後、まだ船主に引き渡していない物量をいう。
 クラークソンリサーチによると、韓国が3カ月連続で中国をおさえた原動力はLNG船に対する比較優位を占めたためで、韓国は昨年世界で発注されたLNG運搬船の85%ほどを受注した。
 
  


   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする