2019年08月29日

日本政府が韓国をホワイト国から除外したことに対して「支持する」が65%を占めた


 反日政策を継続し、日本領土である竹島を李承晩ラインの宣言から武力侵攻し実効支配する韓国に対し、安倍晋三内閣の支持率は先月より5%ポイント上昇したというアンケート結果が公表された。


 読売新聞は23〜25日、18歳以上の有権者1067人を対象に実施した世論調査の結果、安倍内閣の支持率が58%を記録したと26日明らかにした。

 これは先月22〜23日調査から5%ポイント上昇した数値だ。「支持しない」は36%から30%に落ちた。

 調査の結果、日本政府が韓国をホワイト国から除外したことに対して「支持する」が65%を占めた。
 なお、左翼を中心とした中国や韓国、北朝鮮に近いものたちの「支持しない」(23%)を3倍の数値で上回ったようだ。


 韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を終了したことに対して83%が「理解できない」と回答した。
 この回答者の72%は「日韓両国が安全保障の面で連携する必要がある」と考え、その反対は19%にとどまった。
  
  
  
ひとこと

 日本にとって韓国軍からの情報の価値はもともと低い。


   
   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「交渉の席に戻ろう」と電話で伝えてきたと主張?


 米大統領
   ドナルド・トランプ氏
は26日、記者団に対し、中国側から
   「米国の貿易担当トップ」
に「交渉の席に戻ろう」と電話で伝えてきたと主張したうえ
   合意成立に中国が必死になっている
と語った。


 週末の混乱したシグナルを受け、トランプ大統領の信頼性が中国が米国と
   恒久的な合意
を結ぶ上で大きな障害になっていると、メディアの取材で中国政府当局者が匿名で述べた。

 そもそも、2020年の米大統領選挙前に合意が実際に可能だとみる向きは、中国政府内で数えるほどしかいないと続けた。

 また、トランプ氏が結局反故にするかもしれない合意案への署名を
   習近平国家主席
に具申するのは危険だと当局者なら誰でも感じていると説明した。
 
 トランプ氏の発言は即座に世界で報じられ、一時的に株価を押し上げた。

 ただ、雰囲気に押されただけの金融市場の熱は冷めやすい。


 中国政府内で何を指しているか理解した者はいなかったどころかトランプ氏が
   中国側が圧力に屈している
かのように述べたことで、中国側がトランプ氏に抱いていた
   合意成立させるにはトランプ氏は信用できない
という「最悪の不安」を確認したようだ。


  
  
posted by manekineco at 05:40| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言論統制を強める嘘つきな韓国政府


 反日感情が高まる中、全編を通じて親日思想の同著が異常なほど売れていることは、植民統治を美化する歴史観が韓国社会に根強く浸透・拡散する流れが続いており、真実をウソで封じ込める誤り知らしめる力となり、政府不信が強まるといった懸念を抱かせている。
 
 さらに、反日教育を無理やり押し付けてきた韓国の政界や学界からもこれまで築いた権益網が破壊されるため「批判の声が大きい」と指摘し、韓国光復会の
   金元雄会長
なども論点のすり替えを目論み、ナチス称賛を禁じているドイツを引き合いに出して「親日賛美禁止法」の制定を訴えたと伝えた。
 
      
  

     
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする