2019年09月23日

中東がキナ臭い


 イランのハッサン・ロウハニ大統領は22日、イラン・イラク戦争を祝う大規模軍事パレードに出席し、
   緊張の高まる湾岸地域
への米軍の増派を受けて、ペルシャ湾の外国部隊の存在を非難し、同国が
   「ホルムズ平和」案を国連(UN)
に提案する考えを示した。

 ロウハニ氏は外国部隊は地域や域内の人々に「問題と危険を引き起こす可能性がある」と指摘した。
 また、「この複雑かつ重要な歴史的時期に、われわれが隣国に友好と友愛の手を差し伸べることを発表する」と述べた。


 イランのモハンマドジャバド・ザリフ外相は、ロウハニ氏は国連総会(UN General Assembly)で「ホルムズ平和」計画の詳細を発表するとツイッターの情報を投稿した。

 ロウハニ氏は国連総会開幕前日の23日にニューヨークに向けて出発するとみられている。

 マーク・エスパー(Mark Esper)米国防長官は20日、サウジアラビアの「要請」を受けて米国は同国に米軍を増派すると発表した。
 ただ、この援軍は「防衛的な性格」だとした。

  
  
posted by manekineco at 06:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を準備



 米国のシンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)の
   ビクター・チャ韓国部長
   ジョセフ・バミューダス研究員
の両氏は先月28日に公開した報告書で、北朝鮮の新浦造船所で新しい潜水艦発射弾道ミサイル(SSB)を建造しているとして、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を準備している可能性があると評価した。

 北朝鮮の新浦造船所で偵察衛星で発見された建築物は、新型SSBの進水に関連するものと分析されている。



   
posted by manekineco at 04:59| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消滅することは世界のためになるだろう


 韓国の統計庁が発表した昨年の出生統計によると、2018年の韓国の出生数は32万6800人で1970年の統計開始以降で最低となった。
 
 合計特殊出生率は、人口の維持に必要とされる2.1人の半分にも満たない0.98人だ。 
 
 この結果、韓国は出生率が超低水準というだけでなく、近代以来、世界で初めて出生率『ゼロ時代』に突入した国となった。
 
 何でも自慢したがる韓国メディアも「世界初」という言葉を用いて失笑を受けている。
 さらに、韓国の出生率は「絶壁式に下降」しており、「1970年の4.5から80年代中ごろには1.5に急落した。
 
 その後、多少は回復の傾向も見られたものの、滑落の勢いは止めることができていない。
 さらには、少子化が顕著な日本よりもひどい様相を示しているという。


 高齢化社会(65歳以上の人口比が7%以上)から高齢社会(同14%以上)並行する年数では、米国が50年、英国が45年、日本が25年だったのに対し、韓国はわずか18年だった。

 韓国では出生率が日本よりも低く、高齢化の速度は明らかに日本よりも早い。
 さらに深刻なのは、この傾向に好転の兆しが見えないばかりか、ますます拍車がかかっているようで、このままのペースで進んだ場合、2031年には総人口が減少に転じ、2065年には4300万人にまで減少する見込みだ。
 
 また、2165年には1500万人になり、最終的には消滅するとの専門家の予測もある。
 
 
   
ひとこと

 人口が大きく減少する韓国経済に依存する価値はない。
 金融機関の信用も過度に韓国を支援しすぎているため、債券などはそろそろ処分してしまう必要があるだろう。

  
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする