2019年10月10日

内政干渉?


 
 米国商務省は7日、中国の
   新疆ウイグル自治区公安局
とその傘下にある18の機関、および
   新疆生産建設兵団公安局
と、ハイクビジョンなど中国企業8社を輸出規制の対象とすると発表した。

 これについて、中国外交部の耿爽報道官は8日、定例記者会見で
   「国際関係の基本ルール」
に反して内政を干渉し、中国共産党の利益を損なうもので、強い不満と断固たる反対を表明する旨の反発した。


 耿爽報道官は中国共産党が漢民族への同化を行うため文化の破壊行為をエスカレートさせ、民族の浄化などを伴う弾圧を繰り広げている新疆の問題は中国の内政であり、いかなる国も干渉する権利がないと放言した。

 中国は引き続き、有力な措置で国の主権、安全、発展の利益を維持していくとの考えを示した。


ひとこと

 中国共産党以外は人にあらずといった主義主張だ。
 こうした行為を報道しない中国の工作を受けているマスコミの姿勢は異様であり、売国奴とも言えるもので、偏向した情報を繰り返し流し日本人の白痴化を推し進めている様なもの。


   
     
posted by manekineco at 21:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タリム盆地に位置する「ボズ9号井」の試掘に成功


 中国石油天然気集団公司(CNPC)傘下のタリム油田公司は3日、新疆ウイグル自治区南部のタリム盆地に位置する「ボズ9号井」の試掘に成功したと発表した。

 天然ガス日産量41万8200立方メートル、コンデンセート油は115・15立方メートルが見込まれる高産出量の工業用コンデンセート・ガス田の発見となった。

 タリム盆地で2カ所目の1兆立方メートル級の大型ガス田出現となった。


 ボズ9号井はタリム盆地にある試掘井で、2017年10月から掘削を始め、今年3月に完了した。
 深さは7880メートルに達する。

 同社の田軍副総経理によると、ボズ9号井の石油・ガス含有面積は40・9平方キロで、ガス層の厚さは合計178メートルと推定され、仮推定値では天然ガスの地質資源量が1153億立方メートル、コンデンセートが2166万トンとなっている。

 タリム油田にまた新たに1000億立方メートルを超える良質で、連続する大型の、高い産出量が期待できるコンデンセート・ガス田が発見されたことになる。

 ボズ・大北ガス田エリアではこれまでに50近い構造性ガス層が発見されている。
 天然ガスの総資源量は1兆2000億立方メートル、天然ガスの確認埋蔵量は1兆立方メートル以上と見込まれている。


 タリム油田は中国の陸上油田としては3番目の規模となり
   「西気東輸」(西部の天然ガスを東部に輸送するプロジェクト)
の主力ガス産地の一つという。

 現在、中国の華東、華北地域の120以上の大・中都市の約4億人と企業3000社余りへのガス供給を担っている。
  

   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする