2019年10月12日

年金プランを凍結


 米国ゼネラル・エレクトリック(GE)は7日、債務削減のため米国の従業員約2万人を対象に
   年金プランを凍結
すると発表した。
 なお、GEの発表によると、義務付けられている積立金として2021年と22年分に40億−50億ドル(約4300億−5300億円)程度をあらかじめ拠出する計画も明らかにした。
 
 GEは2012年から年金プランの新規申し込みは受け付けていない。
 今回の措置により年金の不足分は50億−80億ドル削減される見込み。
 GEインダストリアルの純負債は最大60億ドル圧縮される。
 また、毎月の年金受給を開始していない元従業員の一部に対しては一括払いの選択肢を提供する。
 
   
  
posted by manekineco at 05:19| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする