2019年11月17日

過信が高まるリスク


 航空自衛隊が先日岐阜基地で航空イベントを実施した際に、現役の戦闘機とともに第5世代戦闘機の実証機である
   ステルス実証機X-2(心神)
を駐機場で披露した。
 これまでベールに包まれてきたスペックが明らかになったと紹介した。

 中国人民解放軍の機関紙「新浪軍事」は、日本の
   X-2(心神)の推力偏向ノズル設計
が中国のJ-10戦闘機に明らかに及ばないとする記事を掲載した。
 
 同機の最大の特色とされてきたのは推力偏向ノズルの技術であると指摘、F-22やSu-57といった第5世代戦闘機で採用されている2次元推力偏向ノズルでも、ロシアが採用する全方位推力偏向技術でもなく、最も古い3次元推力偏向パドル技術を採用していると伝えた。

 この3次元推力偏向パドル技術について、1980年代中期にすでに米国で採用されていた、30年もの歴史を持つ技術だと説明したうえ、推力偏向ノズルの先行者として
   軽便で改装が簡単という利点
がある一方で、「推力の損耗が著しい」という極めて顕著な欠点を持つと解説した。

 中国のJ-10B戦闘機は全方位推力偏向システムの中でも最新のバッフルを採用したことで、燃料噴射効率と動作機構の軽量化を同時に実現したと紹介した。
 続けて、この技術はX-2の推力偏向技術をはるかに上回っている主張したうえ、ある面において、J-10の推力偏向技術はX-2よりも30年リードしているのだと結論付けた。
 
 
ひとこと
 
 中国のこれまでの技術の進化への思い上がった主張が見られる。
 計算上の性能だが、水準を維持するのは難しく、中国の戦闘機の墜落件数を見れば納得できるだろう。ただ、消耗戦を仕掛ける戦術が多いため数で勝られると難しい対応になるが、上海戦での対応を見れば克服は可能だろう。
 
  
    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ドイツ経済は底堅さを示したと指摘


 ドイツのショルツ財務相はブルームバーグ・ニュースがベルリンで開催したイベントでドイツ経済はゆっくりとした成長を続け危機に陥ってはいないため、
   「必要な時に何か行動できる力」
があるというのはよい知らせだが
   「危機ではないというのもよい知らせだ」
と述べ、貿易を巡る世界的な緊張がある中でドイツ経済は底堅さを示したと指摘し追加予算による景気刺激策は必要ないとが言明した。

 この発言前にはドイツの7−9月(第3四半期)国内総生産(GDP)速報値が発表され、定義上のリセッション(景気後退)を回避したことが明らかになった。


  
    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

いまさら日韓関係の状況を点検?


 韓国青瓦台(大統領府)は14日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)が迫る中、
   鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)
が主宰の国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開催、最近の日韓関係の状況を点検するとともに、対日外交チャンネルを用いた日本との協議の方向性について議論したと発表した。
 
 15日には鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官とエスパー米国防長官が出席する韓米定例安保協議(SCM)がソウルで開かれる。
 
 このほか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がエスパー氏や米軍幹部と面会する。
 これらの場で米側は韓国政府に対しGSOMIA維持の重要性を強調するとみられる。
 米韓両国は在韓米軍駐留経費の韓国側負担についての協議も行っており、この日のNSCでは負担増やGSOMIA延長を迫る米国への対応策についても話し合われたとみられる。
 NSCでは17〜18日にタイ・バンコクで開かれる
   東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議
についての議論もあった。
 
 韓国国防部はこの日、鄭長官が同会議に出席し、これに合わせて日本の河野太郎防衛相と個別に会談する方向で最終調整していることを明らかにした。


    
posted by manekineco at 05:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗議活動でエスカレートで会議を中止


 米国大手金融機関であるJPモルガン・チェースは香港で18、19両日に予定していた
   「グローバル・テクノロジー・メディア・アンド・テレコム・コンファレンス」
の開催中止を決めた。
 
 抗議活動がエスカレートし、香港の一部でここ数日、機能がまひしていることを理由に挙げた。
 
 顧客に電子メールで中止すると14日伝えた。
  


posted by manekineco at 05:16| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港政府が週末の夜間外出禁止令を発表する見通し?


 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版「環球時報」は14日、香港政府が週末の夜間外出禁止令を発表する見通しだと先に伝えていたツイートを削除した。
 
 これまで匿名の関係者を引用してツイッターに投稿していた。

   
posted by manekineco at 05:11| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回全国国勢調査に関する通知


 中国では李克強総理の調印・承認を経て、国務院は
   「第7回全国国勢調査に関する通知」
を通達したことが明らかになった。

 「中華人民共和国統計法」と「全国国勢調査条例」の規定に基づき、国務院は2020年に第7回全国国勢調査を実施することを決定した。

 この通知によると、国勢調査の対象は国勢調査の標準時点において中華人民共和国国内にいる自然人および中華人民共和国国外にいるが定住してはいない
   中国公民
であり、中華人民共和国国内に短期滞在する域外人員(外国人、華僑、香港・澳門<マカオ>・台湾地区の中国公民)は含まれない。調査の内容には氏名、公民の身分証番号、年齢、民族、学歴、所属産業、職業、移転・流動の記録、婚姻出産歴、死亡、住まいの状況などが含まれる。

 なお、標準時点は2020年11月1日午前0時という。


   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

2年連続で警告


 イングランド銀行(英中央銀行 BOE)は英銀HSBCホールディングスに対し、金融犯罪や従業員の行動などリスクへの対応を巡る懸念について取り組みが不十分だったとして、2年連続で警告した。

    
             
       ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
    人気ブログランキングへ 
      
  

 
    
 


  
posted by manekineco at 06:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無知は暴言を繰り返すのか?


 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、日本の外務省が
   旭日旗
に関する韓国語の説明資料をホームページに掲載したことについて過去の歴史を正当化するものとして論評で批判した。

 論評では反日政策を継続させ歴史を歪曲して繰り返し韓国民の思考に植え続けている韓国政府と同様の思考で、旧日本軍の軍旗だった旭日旗は今も軍国主義の象徴であり、侵略の代名詞として多くの人の恨みと非難を呼ぶものと一方的に批難した。

 そもそも、外務省の説明資料については、旭日旗が平和の象徴であるとの紹介だが、これに対しても北朝鮮をはじめとするアジアの国々を侵略した欧米列強の支配力を破壊した日本軍により、日本の敗戦後の独立ができた史実を棚の上にあげ、苦痛を与えたことのみを非難し続け、真実の説明がないと主張している。

 また、不幸と苦痛を強要された朝鮮人民を冒とくするとしているが、李氏朝鮮が中国清王朝の支配下で、李鴻章らが朝鮮半島を中国領土に組み込む動きを強めたことやロシアの軍事的脅威などへの対抗措置として李氏朝鮮の開明派の両班らが画策して実行したのが日韓併合だが、こうした史実を無視したうえで、勝手に侵略政策との暴論を持ちだすなど素行の悪さは話にもならない。
  
 
 
ひとこと
 
 朝鮮戦争時の北朝鮮の影響下にあった済州島などで共産主義からの転向者やその家族を再教育するためとして設立されていた統制組織である「国民保導連盟」の加盟者や収監中の者を処刑する事件では100万人が処刑され、また、北朝鮮軍も同様に処刑が行われた。
 
 こうした虐殺事件の影響で済州島の人口が1割まで減少している。ただ、9割のうちの大部分は連合国支配の日本に逃げている。
 
 こうした在日などはもともと日韓併合時代に日本に来たものではない。
 歴史の捏造で権益を作ろうとした多くの者が存在し、帰化した朝鮮系日本人の主張が跋扈して捏造された歴史を補強している問題は大きいが、マスコミは報道すらしない。
 
  
posted by manekineco at 05:55| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする