2019年11月09日

ウソが基本の韓国政府の外交の信頼性は全くない


 
 反日政策を継続させている韓国の
   康京和外交部長官
は8日、国会予算決算特別委員会の全体会議で、今月23日に失効する
   韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)
について「現在のところは終了するという韓国政府の立場に変わりはない」と主張した。
 
 康氏は「GSOMIAの終了決定は日本の不当な輸出規制措置に対する苦渋の決断だった」とし、日本の輸出規制措置が撤回されるという前提の下で韓国政府が再考できるという基本的な立場に変わりはないと続けた。
 米国がGSOMIAの延長を求めているとされることについては「われわれの立場についてはっきりと説明している」と述べた。
 さらに、日本の輸出規制によって触発された
   安全保障環境の変化
の中で下さざるを得ない決定だったと釈明し、基本前提となるべき日本側の輸出規制措置撤回がまだなされていない状況のため、韓国政府の立場を堅持していると強調した。
 
 
ひとこと
 
 金を集る思考が根底にあり、あらゆる事象を結びつけて目的に到達しようとする手法は日本に対し従軍慰安婦や徴用工などを繰り返し持ちだし謝罪と賠償を求めることと機軸は同じで、交渉合意も勝手気ままに破棄するなど信頼性が無い素行の悪いゴロツキ国家である。
 
 そもそも、日韓併合など当時の日本はする必要もなく欧米同様に植民地として取り扱えば費用も不要で権益を張り巡らして利権を確保することが出来た。
 
 日韓併合は李氏朝鮮の開明派が仕組んだもので、南下するロシア帝国からの軍事的な脅威に沿泣けた行為と、日本の教育や技術水準の韓国内への導入を目論んだ謀略だ。
 
 韓国は日韓併合の被害者とはそもそも言えない。
 まして、日本緒領土である竹島を軍事支配する暴挙を継続させており、経済的関係を継続さ瀬る理由はなく、敵対行為を行っており、軍事行動を韓国に実施する権利が日本にある状況であり、もっと強い経済制裁か外交断絶を行うべきだ。
 
 
     
posted by manekineco at 06:42| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘を外交で繰り返す韓国の謝罪は真からのものではない


 暴言を繰り返す文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が自身の「天皇謝罪」発言に関連し、当時天皇だった上皇に謝罪する内容の手紙を送ったという報道があった。

 共同通信は7日、河村建夫日韓議員連盟幹事長が6日、BSフジの番組に出演し、訪日中の文議長と会った際、上皇に謝罪の手紙を送ったと話していたと伝えた。

 ただ、共同通信は手紙の内容と発送時期は確認しなかったが、文議長が3日に日本で河村幹事長に会った際、こうした事実を知らせたと説明した。

 この問題の文議長は今年2月、ブルームバーグ通信のインタビューで、当時の天皇を「戦争犯罪の主犯の息子」と表現し、「天皇の一言でよい。高齢の慰安婦の手を握って本当に申し訳なかったと言えばそれで解決する」と暴言を放った。

  

ひとこと

 過去何度も繰り返す韓国の政治家の反日発言がエスカレートしており底の悪い政治家が跋扈している状況だ。

 そもそも、日本領である竹島に軍事侵攻し実効支配し続けている問題を強く意識すれば、韓国は敵対行為を継続しているといえるものであり、戦時対応が必要だろう。

 経済活動も遮断する蚊制限を強化してしかるべきだが、舐めた日本の与野党政治家の素行の悪さが目立っている。

  

   

posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする