2019年11月23日

トランプの影響より中国の政治闘争が背景にあるのだろう


 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は22日、FOXニュースとの電話インタビューで、中国と貿易合意を取りまとめる「可能性は非常に高い」が、香港の混乱は「事情を複雑にしている要因」だと述べ、「私がいなければ、香港では数千もの人々が殺されていただろう」と続けた。
 
 習近平について、「彼が香港に介入していない唯一の理由は、貿易取引に影響を及ぼすことになると私が言っているからだ」と自信を持って述べた。

 トランプ氏は「私は香港を支持し、自由を支持する」としながらも、「われわれは歴史上で最大の貿易合意を成立させるプロセスにある。それを実現できるなら、素晴らしいことだ。中国はそれを望んでおり、われわれもそれを望んでいる」と付け加えた。
 
 トランプ氏は米議会が可決した香港人権法案に署名するかどうかは明言していない。
 メディアの報道では早ければ22日に署名すると見込まれていた。


   
posted by manekineco at 07:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする