2020年01月16日

中国との「第1段階」貿易合意にトランプ氏が署名 ただ、関税の撤廃は「第2段階ができる場合」のみ実現するとの考え。


 
 米国大統領のドナルド・トランプ氏は15日、金融界などから待ち望まれていた中国との「第1段階」の貿易合意に署名した。
 合意内容には、中国が米国からの輸入を大幅に増やすことなどが盛り込まれた。

 中国では今後2年間で、米国からの輸入を貿易戦争前の2017年比で
   2000億ドル(約22兆円)増やすこと
で同意した。

 これには農産・海産品320億ドル(約3兆5000億円)分、航空機や機械、鉄鋼などの製造品777億ドル(約8兆5000億円)分、エネルギー製品524億ドル(約5兆8000億円)分が含まれている。


 トランプ氏は、中国の劉鶴(Liu He)副首相と共に合意文書に署名した。
 劉副首相は中国側の交渉チームの代表として、米通商代表部(USTR)の
   ロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)代表
   スティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)米財務長官
との協議をこれまで行ってきた人物。


 トランプ氏は、中国の習近平(Xi Jinping)国家主席に感謝の意を表したうえ
   「それほど遠くない将来」
に中国を訪れる意向を示した。

 なお、中国からの輸入品数千億ドル(数十兆円)分に対する関税は今後も維持されるため、米国の消費者と企業はこの負担を引き続き強いられることになる。
 トランプ氏は、関税の撤廃は「第2段階ができる場合」のみ実現するとの考えを示している。


  
posted by manekineco at 04:52| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国は996文化?


 英国の広告情報機関WARC(World Advertising Research Center)は6日、最近の中国に見られるナイトライフの傾向記事
   「996文化(朝9時から夜9時まで、週6日勤務というライフスタイル)
を掲載、中国のナイトタイムエコノミーを動かしていると指摘した。
 
 まず、「中国では今、夜の9時以降にインターネット接続がピークに達している」と指摘した。
 また、英メディア・MediaComのデータを引用して、「2013年以降、中国人の睡眠時間は26%減少した」と紹介した。
  
 夜間を外出せずに過ごす消費者の存在に言及し「消費者全体の45%、とりわけZ世代(1990年代後半〜2000年生まれ世代)の消費者の51%にあたる人々が、家で過ごすことを望んでいる。金銭的な理由、もしくはスマートフォンを通して人付き合いができるという理由からだ」と指摘した。


ひとこと

 金を稼ぐし、金を出す企業の存在があるためだが、日本の幼稚な欧米かぶれの経営者が主導してきた経営豊作では日本人の健康を害し、死ぬまで働かせようとする奴隷化政策を援護しているにすぎない。

 欧米国際資本の言いなりで低金利で円安などという国益を無視し、日本国民の資産をタダ同然で使わせる経済政策が横行しては話にもならない。


 円高を意図的に作り出し、日銀が輸出産業や国内中小企業支援名目で低金利、円安誘導を行ったが、軸足を変えてみれば、円高傾向で80円割れまで向かう中で低金利の資金を国際資本に提供し、莫大な資金を非用もいらずに利用させ、外貨買いや日本企業の株式を買い進み、円安にシフトしていったことで80円から120円まで5割の価値の低下のなか、円安による株高で持ち金を増やしたうえ、価値の上がった外貨で円に変えて借金円安を利用して外貨を円に変えて借金返済するなど手練手管で日本国民の資産を巻き揚げられてきた。

 この状況を比べれば労働と賃金が一体化しており問題はない。
 働き方改革などは視点を変えれば、金を出さずに安価に死ぬまで雇用しようとする奴隷化でしかない。

  
     
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

思考が固まった政治家


 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版「環球網」は、韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が14日、大統領府で行った新年の記者会見で、北朝鮮の核問題解決における中国の役割は非常に重要との認識を示したと伝えた。
 なお、この記事は韓国政府の情報統制を受けている聯合ニュースの報道を引用したようだ。
 
 文大統領は中国が果たす役割の重要性について言及し、「中国が関連の問題において提供してきた大きな支援に韓国側は感謝の意を示す」としたと続けた。
 文大統領は「北の核問題は短時間で解決できる問題ではない。朝鮮半島に全面的で永久的な平和メカニズムが構築されるまで、韓国は中国と引き続き協力し、関連する問題の解決に努力する」と述べるなど
   大量破壊兵器破壊力の強化
   大陸間弾道ミサイルの性能向上
のための開発時間や経済発展の資金獲得を目指す北朝鮮の独裁者
   金正恩の目論見
に沿った支援を推進する意図を示した。
 
 さらに、南北対話、米朝対話に言及。「楽観はしていないが、悲観する程度には至っていない」と指摘し、「北は対話のドアを閉ざしていない」との考えを示した。
 
 
  
posted by manekineco at 05:12| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮は制裁緩和のために寧辺などの核施設を放棄しない


 北朝鮮の国営放送朝鮮中央通信の報道で
   金桂官(キム・ゲグァン)外務省顧問
が11日に発表した談話で、北朝鮮は制裁緩和のために寧辺などの核施設を放棄しないとした上で、米国が北朝鮮政府の要求を受け入れられない限り対話に応じないとの姿勢を示したと報じた。

 談話で、昨年2月のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談で北朝鮮が行った国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁を解除する代わりに北朝鮮が主要各施設を廃棄するとした提案に言及した。

 また、「そのような交渉はもう二度とないだろう」と述べた。

 米国にだまされて時間を浪費することは絶対にないと強調した上で、北朝鮮に一方的に強要したり、だましたりしようとする会談を行う意欲はないと言明した。


 北朝鮮はハノイでの米朝首脳会談で
   「寧辺核施設の廃棄」
と国連安保理の制裁解除を同時に行うことを米国側に提案した。 

 しかし、米国は寧辺以外の核施設の廃棄も要求したが北朝鮮が拒否したため、会談は物別れに終わった。

 また、トランプ氏が韓国高官に金委員長の誕生日(1月8日)を祝うメッセージを託したことについても言及した。
 韓国青瓦台(大統領府)がこれについて発表したことに不快感を示し、米朝関係の仲介役としての役割に未練があるようだが米朝間には対話のチャンネルがあるとして、韓国側に自重するよう促した。



ひとこと

 胡散臭い2枚舌外交を繰り広げるのは韓国のお家芸であり、嘘も多い。
    

   
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

資金が米国市場から流れだす可能性

 
 米国の投資会社ゴールドマン・サックス・グループは顧客リポートで米国株が他の市場を圧倒してきたのは企業利益の成長ペース加速が鍵だったと指摘した。
 
 ただ、ゴールドマンの世界株式チーフストラテジスト、ピーター・オッペンハイマー氏はリポートで、「このギャップは今後数年に縮小する可能性が高く、これまでに比べて米株アウトパフォーマンスの明白な誘因ではなくなることが示唆される」と続けた。

 S&P500種株価指数構成銘柄の1株当たり利益は、金融危機前のピークだった2006年から90%近く伸びたと説明した。
 一方、ストックス欧州600指数は約4%、MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は17%だという。
 
 ゴールドマンの予測では、S&P500種では1株利益の年間伸び率が2018−21年に4%と、過去13年に見られた5%から縮小すると指摘した。
 また、ストック欧州600の伸び率見通し2.7%を上回るものの、アジア指標の5.9%は下回るもようだ。
  
  
  
posted by manekineco at 05:32| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英国ハリー王子夫妻が「セミリタイア」する意向


 英国のエリザベス女王(93)が13日、ハリー王子(35)とメーガン妃(38)夫妻が王室の主要メンバーから身を引き
   「セミリタイア」する意向
を示した問題を受け、若い家族として新しい人生を築きたいという望みを、全面的に支持する」とする内容の声明を出し、今後、数日以内に最終的な結論を出すという。

 エリザベス女王は、この声明を出すのを前に、ハリー王子と父チャールズ皇太子(71)、兄ウィリアム王子(37)を英東部サンドリンガムの邸宅に招き、ハリー王子夫妻の今後について話し合った。
 声明によると「非常に建設的な議論だった」と振り返った上で、夫妻について「フルタイムで公務に取り組む王室メンバーであり続けてくれることを望んでいたが、私の家族の大切な一部でありながら独立した人生を送りたいという彼らの望みを尊重し、理解する」と明らかにした。
 また、夫妻が今後は公的資金に依存することを望んでいないという意向を明らかにしていることも、声明で明らかにした。
 
  
    
posted by manekineco at 05:27| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劉副首相との会談では、米中の経済対話再開も議題に


 
 中国と米国は貿易協議の次の段階に進む決意を明らかにした。
 また、補助金やデータローカライゼーション(サーバーなどの国内設置義務付け)、産業政策などに取り組むことになる。
 
 米商工会議所の国際問題責任者マイロン・ブリリアント氏は13日午前、劉鶴副首相がワシントンに向けて出発する前に同副首相と会談し、北京でのブリーフィングで明らかにした。
 
 ブリリアント氏におると劉氏は米中貿易交渉の第1段階合意に署名するために訪米すると伝えた。

 劉副首相との会談では、米中の経済対話再開も議題に上ったという。
 なお、ブリリアント氏は国家安全保障と経済的な課題を巡る多くのことがなお解決されていないと指摘し、両国政府が残る問題に引き続き取り組まない限り、この先は困難な道のりとなるだろうと語った。
   
  
posted by manekineco at 05:15| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の強制に抵抗できない国連


 国連の人権高等弁務官事務所(OHCHR)は過去6年間、中国政府にチベットと新疆ウイグル自治区の人権活動家の情報を渡していた。

 12月15日放送の米国FOXニュースによると、かつて国連で働いていた
   エマ・ライリー氏
は米国上級外交官と下院議員に、OHCHRを非難する書簡を送っていた。
 
 ライリー氏によると、OHCHRは2013年以来
   中国政府の機嫌を取るため
に、国連会議に出席する予定のチベットおよび新疆の人権活動家の情報を提供し続けていたという。
 ライリー氏は「この恐ろしい行為」を止め、関連する責任を調査するよう国連に要請していたが、韓国出身の潘 基文(在任期間 2004年1月17日 - 2006年11月10日)が国連事務総長に就任していた期間を始めとして、ほぼ7年間、国連は行動をとることを拒否したと批判した。

 米国上院議員
   テッド・クルーズ氏
の広報はこのことについて
   国連の情報漏えい
が、中国の「反体制派の安全を危険にさらす」場合、国連人権組織が
   悪党の隠れみの
と言われてもおかしくないと批判した。
 
 民主主義は脆弱になり、世界で最悪の政府に屈服していると続けた。
 
 国際機関として、国連は中国の強制に抵抗するべきであり、それに屈するべきではないとコメントを出した。
 
 
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする