2020年01月06日

弾劾裁判などへの対応か、切羽詰まった動きでは?



 イラン革命防衛隊(IRGC)の副司令官は3日、IRGCの精鋭部隊である
   「コッズ部隊(Quds Force)」
のガセム・ソレイマニ司令官を米軍が空爆により暗殺した後、米政府がイラン政府に対し
   「相応」の規模での対応
を要請してきたと主張した。

 イラクの首都バグダッドで3日未明、対外工作を担うコッズ部隊のソレイマニ司令官は米軍による無人機攻撃で殺害された。
 これに対しイラン政府は報復を警告した。

 IRGC海軍の将官であるアリ・ファダビ氏は3日夜にイラン国営テレビで、ソレイマニ司令官殺害から数時間後の同日朝、米国側が
   「外交手段に訴えてきた」
ことを明らかにした。
 米国側は「イランが報復に出たければ、われわれがやったのと相応の規模で報復してくれ、とさえ言ってきた」と続けた。
 
 イランと米国の外交関係は国際資本の力を背景にした
   パーレビ国王
の追放があった以降、40年にわたって断絶している。
 

 パーレビ体制を崩壊させたことで宿敵となった米国からイランがどうやってメッセージを受け取ったのかについて、ファダビ氏は明確な説明をしなかった。
 なお、ファダビ氏は、米国がイランの対応を「決定する」立場にないと指摘し、「米国民は重大な報復を待たねばならない」と警告した。

 一方で、イランのモハンマドジャバド・ザリフ外相は同日夜、別のテレビによるインタビューで、「スイス大使がけさ、米国からのばかげたメッセージを伝えてきた」と説明した。
 同日夕方、スイス当局者が「呼び出され、米国の厚かましい書簡に対する断固とした返答を記した書簡を受け取った」と話したという。


 スイス外務省は4日、同国の代理公使が3日朝にイラン外務省に召喚された際、米政府からイランに宛てた書簡を手渡したと認めた。
 米国とイランが国交断絶した1980年以降、在イランのスイス大使館が米国の利益代表部を担っている。

 
 
ひとこと

 スイスはユダヤ系資本により支配されており、米国の権益というより石油資本などユダヤ資本により構成された国際資本の権益を代表しているといってよいものだが、イランに構築していた利権の獲得を目指し、原油価格のコントロールの回復を目論んでいるのかもいれない。

 トランプ政権の暴走行為のひとつであり、次期大統領選挙における支持率回復を考えたのだろう。
 また、暗殺行為により、北朝鮮の金正恩や中南米の反米活動への牽制、原油価格の上昇など多くの要素を意識した動きでもある。
 戦闘へ導くことで米国内の求心力を高めロシア問題などに絡む弾劾裁判から米国民の意識を逸らす狙いもあるだろう。
  
posted by manekineco at 05:25| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表面ではなく深度にある問題を知る必要がある。


 日本政府首脳は1日、日産自動車の元会長
   カルロス・ゴーン被告
が日本を無断出国し、レバノン入りしたことを受け、今後は身柄引き渡しに向けてレバノン政府との外交交渉に「当然なると思う」との認識を示した。

 ゴーン被告がレバノン国内のどこにいるかや、出国方法の詳細については、現在「状況を確認中」だと述べた。


 会社法違反(特別背任)の罪などで起訴された後、保釈中で公判待ちだったゴーン被告だが悪党の思考を張り巡らし協力者を活用して海外への渡航禁止の保釈条件に違反して日本から(関西空港利用して)出国、12月31日にレバノンにいることを公表していた。
 
 レバノンと日本の間には犯罪人の引き渡し条約が結ばれていない。
 口先だけが先走るトランプ政権の力を最大限利用して政権を維持している安倍首相が率いる日本政府がレバノン政府とどのような外交交渉を進めるのかは現時点では明らかにできていない。

 ただ、レバノン政府の発表では、同国と日本は共に、国連腐敗防止条約に署名しているとのこと。


 来年4月に開かれる見込みだったゴーン被告の初公判は、被告の出廷がなければ開催できない可能性が高く、人権を前面だした主張が犯罪者の国外脱出の手助けになったとの指摘も出てきている。

 現状では同被告がどのようにレバノンに入国したのかは判明すら出来ておらず、対応が政治的意図が背景にあるのか後手に回り始めている。

 日本の出入国管理の問題点を指摘する声もある。

 前外務副大臣の佐藤正久自民党参院議員は、「事実であれば、逃亡であり、それだけで犯罪」とツイートした。
 その上で、簡単に出国を許してしまった「日本の態勢も大問題」だと問題のすり替えになりかねない主張が見られる。
  
 そもそも、日本国内に第二次世界大戦後に戦勝国として勝手に張り巡らした欧米の利権網にはマスコミや政治家も指摘すらしていないのが一番の問題でもある。

 言うがままに毎年5兆円以上も米軍に与えている日米安保などは不要で、この金で自衛隊の軍備をすればいい。
 また、原発などは福島原発など欧米の技術利権が大きい第一世代の原子炉等は全て廃止し、第3.5世代の原子炉に全て置きかえれば、定見工事も不要で、使用するウランも国内産の低質ウラン鉱石が利用でき、全て反応させて焼却できる方式であり、原油や天然ガスによるエネルギーの利用も多くが不要になり国益に大きな利点となる。

 こうした新技術などを単純思考の阿呆な与野党議員集団が反原発などと主張すること自体が、日本人を奴隷化する欧米国際資本の利益を誘導する活動を支援していることに他ならないものだ。

  
   
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国で原因不明のウイルス性肺炎


 タイ政府は5日、中国湖北省武漢市で
   原因不明のウイルス性肺炎
が発生したことから、武漢からの乗り入れ便がある国内の4空港で
   赤外線サーモグラフィ
による検疫を強化すると発表した。
 4空港はバンコクのスワンナプーム空港とドンムアン空港、北部のチェンマイ空港、南部のプーケット空港。 
  
 
ひとこと
 
 中国で旧正月が始めるが、この新型肺炎に罹患した中国人観光客等への対応が出来るのだろうか。
 正月休日を利用した中国国民の大移動により、急速に拡大することが懸念される。
 赤外線サーモグラフィなどでの水際で罹患者の入国を防ぐのは難しいだろう。
  
  
posted by manekineco at 04:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする