2020年01月12日

漢服とは何王朝の服装なのかよくわからない


 中国では経済の発展から、近年、歴史を顧みる動きが強まり漢民族の伝統衣装である漢服の文化が流行し、それに伴い伝統的なテイストの商品の売れ行きが絶好調となっているという。

 統計によると、2019年、ショッピングサイト・淘宝の漢服市場は20億元規模を超えた。
 また、年間およそ150%のペースで拡大を続けている。

 2019年、漢服愛好者の数は
   356万1000人(前年比74.4%)
に達した。
 また、売れ筋を見ると、300‐500元の漢服が全体の43.1%を占めている。
 漢服産業の発展は新たな消費の活力も刺激しており、各種、オフラインの体験店が雨後の筍のように登場した。
 漢服関連産業の発展ペースは漢服産業自体を大きく上回るようになり民族色の強い服装が強まっている。
  
  

ひとこと

 この漢民族の伝統衣装である漢服とは何王朝の服装なのかよくわからないが...
 中国の歴史を見れば多くの期間が異民族の支配を漢民族が受けており、文化の混乱も起きてきた。



   
posted by manekineco at 20:47| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日頃の性格が出てしまったのだろう


 大手経済紙の韓国経済新聞元主筆の鄭奎載(チョン・ギュジェ)氏が代表を務める
   ペンアンドマイク
によると、韓国政府が
   ドラえもんに酷似したキャラクター
を公開し、その後削除したことが韓国のインターネット上で話題となっていると伝えた。

 この記事によると、韓国の食品医薬品安全処(食薬処)は6日、ドラえもんにそっくりなキャラクター「シクヤクエモン(シクヤク=食薬の韓国式発音)」をFacebookやツイッターなどに掲載したが、批判を受けたためその後削除した。
 
 掲載されたのは韓国と周辺国の新年の食べ物を紹介するコーナーで、シクヤクエモンには「“どこにでも行けるドア”で周辺国ではどんなものが食べられているか見てみるモン!」とのせりふがつけられていた。
 同部関係者は削除した理由について「日本のアニメにそっくりなキャラクターを使用したことへの指摘が多く寄せられた」と説明した。
  

 
ひとこと
 
 韓国政府の思考のお粗末さを端的に表すものだ。
 
 
  
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国軍がすでに空中レーザー兵器の原型を開発


 中国国営CCTVが運営するSNS「威虎堂」で中国軍がすでに空中レーザー兵器の原型を開発したという内容を含む論文を掲載した。
 
 中国国営企業の中国航空工業グループ傘下の研究所が作成したもので100kW出力のレーザー兵器のための電力供給装置の原型の開発と環境実験を終えたという。
 レーザー兵器は光の直進性を利用して超精密打撃が可能。
 
 ミサイルとは比較できない「光の速度」であるため遠距離目標を打撃するものだが、しミサイル級以上の破壊力を保有するには高出力電気を生産しなければならない。


    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする