2020年03月14日

新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で企業に協力を要請


 ニューヨーク州知事は新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で企業に協力を要請した。


 米国の大手金融機関JPモルガン・チェースは、ニューヨーク地域の従業員を対象に
   シフト制の自宅勤務計画
を実施するという。

 同行は従業員をグループに分け、自宅勤務とオフィス勤務を毎週交互に実施する。

 自宅勤務の対象となるのはニューヨーク市内のマンハッタン、ブルックリン、ニュージャージー州ジャージーシティーに勤務する従業員が対象となる。
 ただ、支店勤務の行員およびトレーダーは対象とならない。
  
 JPモルガンはニュージャージーを含むニューヨーク都市圏に約3万7000人の従業員がいる。
 このうち約半数が支店勤務となっている。
 なお、自宅勤務の第一陣は20日まで自宅で勤務した後、23日にオフィスに戻る計画という。

  
  
  

  

    
posted by manekineco at 18:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職資質が無いものが多いのか?


 皇宮警察学校を巡っては去年6月、栃木県那須町で行われた実習の際に
   校長ら幹部が未成年の護衛官と酒を飲んだ
ほか、護衛官の男女4人がみだらな行為をしていたことが明らかになり問題となっていた。

 皇宮警察は13日、校長ら幹部など30人に対して訓戒処分や口頭で注意をしただけだ。
 内部調査に対し、校長は「少しぐらいならという気持ちだった」と法治国家としての資質に欠ける発言を行った。
 当然緒ことだが、校長は13日付で依願退職した。



ひとこと

 組織が腐るのは幹部が無能なことが影響している。
 神戸でおきた教師のいじめと同じであり、思考が幼稚であり職務資質がそもそも欠落しているともいえる。


   
    
posted by manekineco at 07:08| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家非常事態を宣言


 次期大統領選挙に逆風となっている
   トランプ米大統領
は13日、新型コロナウイルスの流行を巡り国家非常事態を宣言した。

 災害救助や緊急援助を定めたスタフォード法に基づくもので連邦政府による州・地方自治体への支援を強化する。
  

 トランプ氏はホワイトハウスで記者会見し
   「全ての州に対し、緊急対策センターの設置を求める」
と述べたが、放言ばかりで中身が無い、後手に回った政治家の末路は哀れになるだろう。


 国家非常事態宣言により、連邦政府は新型コロナ対策に追加で資金を拠出することが可能になる。
 宣言はトランプ大統領にとっての転換点をも意味するものだ。大

 統領はこれまで新型コロナについて
   季節性インフルエンザ
と比較を繰り返して主張して、政権は事態をコントロールできていると放言し、何ら対応が出来ておらず、この場になり醜態を晒した。
  

 トランプ氏は、非常事態宣言によりウイルス対応として
   最大500億ドル(約5兆4200億円)
の利用が可能になると主張した。



ひとこと

 企業の船舶をトランプの手下となり果てた日本の政治家にユダヤ資本が運航する客船におけるコロナ肺炎の患者の激増への対処を押し付け、一時的にコロナの被害発生の回避には成功したが、同じ企業の保有する船舶の入港を米国と政治的な対立もあったメキシコ政府は当然国内への感染拡大を懸念して拒否した。
 このためコロナ肺炎が発生している船舶を受け入れざるを得なくなったトランプ政権であり、高みの見物とはいかなくなったのだろう。

 検査体制も不十分で治療薬も対処療法でしかない。
 薬の開発を行う企業への補助金として多くが使われるが効果は未知数だ。

 劇場型能力的にも問題が多い末期的政治家を大統領選挙で選んだ米国民だが、選挙制度の不備で支持者の割合ではヒラリーに負けていた。
 マスコミの責任は大きく、場末候補を意図的に注目させてきたことがこうした悲劇を生んだともいえる。 
   
 視点を変えれば日本も同じだ。



posted by manekineco at 06:13| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胆力が足りないため「お漏らし」しかねない?



 コロナウィルスによる肺炎の感染拡大が広がっている。


 トランプ大統領の再選の芽は摘み取られつつあり、媚びて長期政権を維持してきた政治家の集落の日も近づく流れとなっている。
 政策が遅れ景気失速懸念が高まってきており、オリンピック開催に固執するのでは政策が後手に回りかねない状況だ。

 そのため、内需拡大のため消費税課税の一時停止の決断すらできずダッチロール状態となりつつある日本株は、引き続き混乱して乱高下する展開のまま失速している。
 これまで白人至上主義的思考から対応をせずに高みの見物であった欧米で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、WHOもパンデミックと宣言しやっと重い腰を上げたが、後手が続いて世界経済への影響が懸念される。

 ユダヤ系国際資本が利益の確保のため強く
   リスクオフの流れ
に金融市場を押し流す動きが続く中、彼らの思惑通りに
   日米の金融政策
で買い支えさせ、損金のつけ回しをするための市場への介入といった、踏み込んだ対応を打ち出させるかに注目を集めさせている。

 国際資本がフローマネーとして凡そ1600兆円から1800兆円を保有しているとも言われ、価値の下落を使って資産を国境を突破して移動させることを意識しておく必要があるだろう。
 視点をどこに置くかで経済環境の景色は全く異なっている。 



ひとこと

 腹の弱い政治家が決断が出来ないのでは日本経済が失速する可能性が高い。
 逆に決断すればスキャンダルが出て潰されることになる。
 これまで日本の政治か国際資本の意のままに動いており、スキャンダルの種も撒かれたままだ。
 
 ロッキード事件しかり、ハニートラップしかりで、国際資本の権益に盾をついた政治家は日本のマスコミに情報がリークされ醜聞で潰されてきた。
 腰抜け政治家はこうした醜聞を意識し、女衒のごとく従い行政改革や郵政民営化を始めとする規制緩和、事業仕分けなどを行ってきた。


 GHQによる情報コントロールで与野党政治家だけではなく右翼や左翼、組織犯罪も含め内部に工作員が紛れ込んでおり、公共放送などのマスコミ内部にも侵入され意のままに動かされているのが実態だ。

 こうした工作を真似たのが韓国の韓流工作でもあり、中国やロシアなども同様の工作で市民団体などを組織して支援者の拡大を図ってきた。
    

      
posted by manekineco at 05:59| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融市場のパニックは特定勢力の資産を増やす工作のひとつ


 コロナウィルスによる肺炎の感染拡大が広がっている。

 トランプ大統領の再選の芽は摘み取られつつあり、媚びて長期政権を維持してきた政治家の集落の日も近づく流れとなっている。

 政策が遅れ景気失速懸念が高まってきており、オリンピック開催に固執するのでは政策が後手に回りかねない状況だ。

 そのため、内需拡大のため消費税課税の一時停止の決断すらできずダッチロール状態となりつつある日本株は、引き続き混乱して乱高下する展開のまま失速している。

 これまで白人至上主義的思考から対応をせずに高みの見物であった欧米で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、WHOもパンデミックと宣言しやっと重い腰を上げたが、後手が続いて世界経済への影響が懸念される。

 ユダヤ系国際資本が利益の確保のため強く
   リスクオフの流れ
に金融市場を押し流す動きが続く中、彼らの思惑通りに
   日米の金融政策
で買い支えさせ、損金のつけ回しをするための市場への介入といった、踏み込んだ対応を打ち出させるかに注目を集めさせている。

 国際資本がフローマネーとして凡そ1600兆円から1800兆円を保有しているとも言われ、価値の下落を使って資産を国境を突破して移動させることを意識しておく必要があるだろう。

 視点をどこに置くかで経済環境の景色は全く異なっている。


  

posted by manekineco at 05:42| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする