2020年08月03日

権力統制を強化する香港


 香港政府は9月に予定されていた立法会(議会)選挙を最近の新型コロナウイルス感染急拡大を受け1年間延期することを明らかにした。

 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は31日夜の記者会見で
   「4年に1回の立法会選挙」を延期
するのは非常に難しい決断だと主張した。
 しかし、ウイルスの流行を抑え公共の安全と市民の健康を守るとともに、開かれた
   公平な環境
で選挙が行われるようにするために、必要な決定だと自己弁護した。

 香港では31日に121人の新規感染例が確認され、30日は過去最多の149人だった。感染が拡大する中で公の場での集会を2人までに制限するなどの措置を取ったため、通常の選挙運動は難しくなった。
  
 林鄭長官は、600カ所以上の投票所で最大3万4000人のボランティアの助けを借り数百万人が投票するのは、現在の状況では危険すぎると指摘。「感染の大きなリスクがある」と述べた。


 香港政府は今週、少なくとも12人の民主派候補について立候補を無効とした。
 このほか、オンラインでのコメントが中国大陸の
   国家安全維持法(国安法)に違反
したとして4人を逮捕するなど、締め付けを強めていた。
  

 27−30日にかけて実施された世論調査では、調査に応じた8805人のうち約55%が立法会選挙は予定通り9月6日に実施すべきだと回答していた。


ひとこと

 共産主義者の権益を守るためには法律など無視する姿勢が鮮明に見られる。
 自由や民主、平和などというフレーズも事態とは異なる思考である本質が独裁的なものであることを認識する必要がある。

   
  
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国軍の軍事的野望を打ち砕く必要がある


 米国務省は米政府が2016年から2019年の期間に
   対外軍事融資(FMF)
として総額1億5000万USD(約158億円)超をベトナムに供与したことを明らかにした。
 このうち、米国沿岸警備隊の活動から退役したハミルトン級カッター(巡視船)2隻の引渡しで5800万USD(約61億円)超を援助した。
 この巡視船2隻のうち「CSB-8020(旧艦名:モーゲンソー=USCGC Morgenthau、WHEC-722)」は2017年にベトナム海上警察に引き渡された。
 もう1隻の「ミジェット(USCGC Midgett、WHEC-726)」は2020年末に引渡しの予定。


 ハミルトン級カッターは全長115m、幅13mで、最高時速は29ノット(約53.7km/h)。乗員は167人でヘリコプターの搭載も可能。
 また、米政府は5月に高速巡視船「メタルシャーク(Metal Shark)」6隻をベトナム海上警察に引き渡している。
 メタルシャークは全長14m、最高時速は35カイリ(約65km)。

 これまでにベトナムが米国から譲り受けたメタルシャークの隻数は合わせて24隻となった。


ひとこと

 中国の軍事拡張思考を抑え込む動きであり、日本も中国周辺国への経済支援が国防戦略の上からも必要だ。
  
posted by manekineco at 06:21| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かれ過ぎ


 韓国大手メディア「聯合ニュース」によると、今年上半期(1〜6月)の
   ベトナムの自動車市場
で、韓国の現代自動車の販売台数が、僅差でトヨタ自動車を抜きシェア1位となった。

 同社は、今年に入って6月までにベトナムで乗用車(小型商用車含む)2万5358台を販売し、トヨタに181台差で上回ったという。
 上半期のシェアは21.3%で前年比2.6ポイント上昇した。
 なお、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、ベトナム市場の需要は27.1%減少したが、同社の販売減少率は17.0%にとどまった。

 同社は2017年にベトナムに生産合弁会社を設立し、同国に本格進出している。同国での市場シェアが20%を超えたのは初めてのこと。
 昨年初め、韓国本社とベトナムの事業所との合同で、同国における中長期的なマーケティング計画を立て、下半期から積極的な攻勢に出ていた。


 若い世代をターゲットにした現代自動車の社員とベトナム人女性によるロマンスを描いた
   販促用のウェブドラマ
は視聴数が5000万回超えたという。

 ドラマでは、現代自動車の車が登場するほか、同社のビジョンなども紹介するなど韓流と同様の意識への刷り込み工作が行われた感じだ。
 同社はこのドラマが一般の広告に比べ、5倍の効果を生み出したと分析した。
  


ひとこと

 韓国政府の韓流工作で意識をコントロールされている世代が広がっている。
 こうした手法も繰り返すドラマが同じものばかりの筋立てになった中国では嫌われ始めている。
 まだ、初期段階のベトナムでは成功しているようだが、構成が強まれば熱が冷めるのは速いだろう。
  
 韓国軍がベトナム戦争時に無差別でベトナム人を虐殺した行為はライダハンの問題と同様に忘れてはいないベトナム国民の反発が出てくるのも時間の問題だろう。 


    
posted by manekineco at 05:40| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国左翼政権の暴走?


 韓国の首都ソウルの松坡警察署は1日
   報道陣を暴行
した疑いがあるとして、特殊傷害および特殊公務執行妨害などの容疑で朴氏の逮捕状を請求した。
 
 ただ、ソウル東部地検は朴氏が容疑を一部否認しているため、さらなる捜査が必要と判断し裁判所に逮捕状の請求を行わないことを決めた。
 朴氏は先月23日午後9時ごろ、取材のためソウル市松坡区内の自宅を訪れた
   SBSテレビ
の情報番組関係者に対し、ブロックを投げるなどの暴力をふるったとされる。
 
 また、止めに入った警察官にガスガンを発射した疑いももたれている。
 番組関係者はブロックや朴氏のこぶしにあたってけがをした。
 
 警察関係者は「逮捕状を再度申請するかについては、補完捜査の後に決める計画」と話した。
 親北朝鮮・反日政策を強化している文政権の支持を受けたのか、警察では朴氏を北朝鮮に向けたビラ・物資の散布、支援金横領などの疑いでも捜査している。


ひとこと

 韓国左翼政権の暴走が加速しており、工作員の潜入範囲が広がっていくことだろう。
 有事の場合、韓国から日本への避難民の中に破壊工作や暗殺などのテロ行為を実行する工作員が紛れ込む可能性が高い。
 人道見地などといった甘い受け入れはリスクを高めるため、受け入れるとしても無人島への上陸どまりにすべきだ。

    

     
posted by manekineco at 05:13| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする