2020年08月28日

モデルナの新型コロナワクチン 中高年層の免疫システムに効果を発揮


 米国バイオテクノロジー会社のモデルナは26日、新型コロナワクチンの第1相臨床試験に基づく
   新たな安全性データ
を公表し、中高年層の免疫システムに効果を発揮することが初めて証明されたと明らかにした。


   
posted by manekineco at 06:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裏付けのない自信


 K防疫の優秀さを韓国メディアを総動員して世界に拡散させてきた韓国では27日、24時間の新規感染症例が441件と、3月前半以来最多となっている。
 
 欧州ではイタリアで26日、新規感染者が1367人と過去3カ月半で最多となった。
 フランスの新規感染は5429人と4カ月で最多だった。
 
 また、ギリシャの過去24時間の新規感染は293人と、過去最多を更新した。


ひとこと

 自信過剰の韓国のK防疫という抑圧的な強制措置でも抑え込めない事実を明確化した。


   
posted by manekineco at 06:24| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報道統制を海外政府の影響を受けおこなう愚かさ


 米国のエスパー国防長官はハワイのダニエル・K・イノウエ・アジア太平洋安全保障研究センターで演説し、インド太平洋地域を「中国との大国間競争の中心」と呼び、中国が国際法を順守せず、南シナ海で軍事化を進めていると批判した。


ひとこと

 沿岸に沿って航行する日本のシーレーンへの軍事的脅威が増しているが、韓国政府の韓流政策の工作を受け文化侵攻の手助けを行った公共放送などはこうした情報を国民に知らせないよう情報量を最小にしている問題がある。

 海外政府の工作を受けるような公共放送は解散させるか民営化し、受信料は民間契約にしたうえ、違法な報道などを行えば放送免許は停止すべきだろう。


  
posted by manekineco at 05:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康に不安のある政治家の無能な政治が続いており国家の成長が止まってしまった


 
 安倍晋三首相が率いる政権を支える
   菅義偉官房長官
は27日のブルームバーグとのインタビューで、健康不安説が出ている安倍首相の体調について「1日2回程度お会いするが、変わらない」と話した。
 
 今後、任期を全うするかについては、「もちろんそうだ」と強調し、15日からの短い夏休みを取った後から、体調が好転したと見る人が周辺では多いとの印象も語った。
   「変わらないと思う」
と記者会見で述べ、自民党総裁の任期である来年9月まで職務を全うするとの見通しを示したうえ、そのための体力や気力も「大丈夫だ」と語った。
 首相は17、24日と2週連続で東京・信濃町の慶応大病院を訪問している。
 17日は日帰り検診を受け、24日は前回の検査結果を詳しく聞くとともに、追加的な検査を行ったと説明した。
 
 24日の検査の後、安倍首相は「体調管理に万全を期して、これからまた仕事を頑張りたい」と政権運営への意欲を示している。
  自身が「ポスト安倍」の1人とされることに関して菅氏は、「何回聞かれても、全く考えたことはない」とした上で、「まだ1年もある話だ」と述べた。
 
 
ひとこと
 
 意欲だけでの政権運営の能力に疑問符がある政治家を日本経済の回復を妨げ、韓国などの傲慢な姿勢に対応できていないのは国益に取っても問題であり、早急に政権を引き渡すべきだろう。
 
 コロナ対応に置ける無脳ぶりは国民の生命や財産を棄損しており、長期政権の弊害も明らかだ。
 
 政権を支える官僚も忖度ばかりに終始し能力のある官僚は淘汰され続け阿呆の集団と化しており、政権の変化で総入れ替えを行い実務能力に長けた官僚機構に戻すことが重要だろう。
 
 いつまでも政権にしがみつく卑しさを感じさせるものでしかない。
posted by manekineco at 04:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

採掘可能な量がまだわからない


 トルコのエルドアン大統領は、21日にイスタンブールで記者会見し、黒海で
   推定3200億立方メートル規模の天然ガス田
を同国が発見したと明らかにした。

 同大統領は「試掘作業に外国の力は一切借りていない」と話した。
 この発見について、同海域で過去最大級の発見だとし、2023年までの生産開始を望むと述べた。


 ウッド・アンド・カンパニーの石油・ガス担当シニアアナリスト、ジョナサン・ラム氏は「可採埋蔵量がどの程度かが問題だ」と指摘、「その点はまだ明らかでない」と指摘した。
 「年間の生産可能量も市場が本当に知りたいことの一つだが、当局はまだそういったことを説明できる状況にないだろう」と述べた。


  
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする