2020年09月10日

打算的で信頼性の欠落している韓国の政治姿勢は問題


 韓国で親北朝鮮政策を最優先する外交部の
   崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官
は9日、米国の
   ビーガン国務副長官
と会談するため、米国に向けて出発、10日(米東部時間)にワシントンで会談し、両国関係や地域情勢などについて意見交換するという。

 崔氏は8月18日に就任したばかりのためビーガン氏との会談は初めてとなる。

 会談では在韓米軍駐留経費の韓国側負担を巡る交渉や朝鮮半島情勢、主要7カ国首脳会議(G7サミット)への韓国の招待、米中対立などさまざまな懸案について議論する。

 崔氏は青瓦台(大統領府)の平和企画秘書官を務めた。

 北朝鮮の非核化を巡る米朝対話など朝鮮半島の平和プロセスに深く関与していたが虚偽の説明が多く信頼性は殆どないといえる。

 そのため期待通りに同問題についての議論が行われても会談での信頼が作れるかが注目される。

 崔氏は出発前、仁川国際空港で文政権寄りの韓国記者団に対し、「この3年間、両国が進めた懸案と朝鮮半島平和プロセスについて点検し、今後どう進めるかについて認識を共有する」と説明した。

 また、同盟を安定的に管理し、お互いの考えを共有しながら検討することは検討する重要な契機になると思うと述べた。


 ひとこと

 淡い期待で希望的観測の範疇では何も進まないだろう。

 外交交渉に置ける信頼性の欠落している韓国政府との対話は形式だけのものだろう。


    

posted by manekineco at 18:51| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

敵対行為を繰り返す韓国との通商交渉は意味がない


 韓国と韓国政府が文化芸能分野で「韓流」工作で作り上げた工作で世論を誘導するツールとなっている日本のメディア関係者が、8日に開催したテレビ討論会で、日本の首相が交代しても、韓日関係の改善は難しいという見通しを示した。
 
 自由に報道できない環境下にある韓国で政府の統制下にあるともいえる
   韓国言論振興財団
は、韓国と日本のメディア関係者による討論会を、8日、オンラインで開催し韓日関係の現状と改善策について意見を交わした。
 
 ここに参加した関係者は、日本の次期首相に有力視されている
   菅義偉官房長官
が次の首相になっても、反日政策を展開する文政権の傲慢さもあり、当然のことながら日本の政策基調は変わらないだろうという見方を示した。
 
 このうち、左翼的で新韓国的な情報が多い東京新聞の
   五味洋治論説委員
は、安倍首相のアバターとも呼ばれている菅氏が首相になっても、政権の路線が変わることは期待できないと指摘、次の首相は国内問題に集中することになるため、韓日関係には大きな労力をかけないだろうと続けた。
 
 また、韓国の中央日報の金玄基(キム・ヒョンギ)編集局長は、両国関係が悪化した日本側の要因は、安倍首相個人の考えによるものではなく、日本人全体の韓国に対する不信から始まっており、指導者の交代で関係が改善されるとは期待できないと批判した。
 
 文在寅(ムン・ジェイン)政権が日本の首相交代を、両国関係改善の機会として活用する意思があるかどうかがカギであると語ったが、所詮は反日感情を強めるための意図する事前準備としての工作でしかない。
 
 また、ことし11月に開催が予定されている
   日中韓3国の首脳会談
については、韓国側は、今年の日中韓首脳会談が韓国で開催されれば、文政権が目論む日本からの金の引きだしを狙った元徴用工問題について対話する好機になるとしている、
 
 一方、日本側は、新型コロナの影響で、首脳会談の開催自体が不透明である。コロナが収束しても、韓国側がこの問題を解決する意向を示さなければ、日本の首相が訪韓しない可能性もあると指摘した。
 
 
ひとこと
 
 繰り返す韓国の傲慢暗姿勢や日本領土である竹島の軍事支配を考えれば、韓国などと経済交流すること自体が問題であり、賠償金と竹島の返還をし無い限り韓国との外交関係は遮断すべきて敵国として対応すべきだろう。 
   
 
   
posted by manekineco at 06:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水増しが過ぎるのでは?


 中国のポータルサイト「百度」では
   「日本のお茶の文化」
について禅と結合した独特なものであるとする記事が掲載された。
 この記事では、中国の茶文化が世界的に有名であると同時に、日本の茶文化も大いに「発言権」を持っていると紹介した。
 
 日本では、中国同様にお茶が人びとの生活に不可欠なものとなっている。
 また、精のうえに精を求める独特な茶道文化も存在すると伝えた。
 もともと日本人がお茶を飲む習慣は古代中国から伝わったものの、日本の茶道が発展するのは中国との文化交流が止まってからのことだったと説明した。
 
 中国から学んだ茶に関する技術や知識を日本の本土に根差した文化と融合させる形で発展させたことで、「和、静、清、寂」という言葉で形容される、禅と茶が結合した独特の茶道文化が形成されていったのだと説明した。
 また、日本の茶の湯の席では身分の貴賎は関係なく、茶をいただく際にはもてなす側の茶師に畏敬の心を抱きつつ、少しずつゆっくりと味わうことが基本的な作法となっていると紹介した。
 
  
ひとこと
 
 そもそも、中国から日本に伝来した茶道も明時代であり、その後、異民族に中国ぜんら委が満州族の支配下に入り文化風習も大きな変動が起きている。
 明朝が崩壊する中でも数万人の明王朝が日本に亡命し帰化したのは周知の事実だ。
 同様の動きは中国の王朝の滅亡時に繰り返されたのも数の違いはあるが同じ出来事だ。
 
 日本を批判する中国の民族構成自体がそもそも、漢民族が大多数を占めるというのも判断基準を広げすぎ水増ししている結果でしかない。
 もともとの漢民族が中原にいた民族であれば1億人から2億人といったところで、他は全て異民族であろう。
 
   

posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする