2020年09月21日

体制維持が出来ないのだろう


 在韓米軍のエイブラムズ司令官は10日(現地時間)
   米戦略国際問題研究所(CSIS)
が主催するテレビ会議にオンラインで参加し、中国との国境から1〜2キロ離れた所に
   新型コロナウイルス
の流入を防ぐために、北朝鮮の
   特殊部隊
を配置したことが分かったとし、無断越境者を
   「射殺するよう命じられた」
と述べた。また、北朝鮮の劣悪な保健医療システムを考えると、新型コロナウイルスの大流行は非常に致命的」と分析し、射殺命令は理解できるとつづけた。


 北朝鮮は今年1月、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために国境を封鎖した。
 また、7月には新型コロナウイルスの感染対策システムを「最大非常体制」に引き上げた。


 中朝国境封鎖後、中国製品の輸入が85%も急減したと、エイブラムズ氏は説明した。
 そして、「北朝鮮のこのような決定が密輸品に対する北朝鮮住民の依存度を高めた。密輸業者が国境を越えないようにするために政府が介入した」と指摘した。



ひとこと

 衛生状態の悪い北朝鮮の体制が揺らぐ兆候だろう。


   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする