2020年09月28日

劇場政治は愚かさを生むだけだ


 米国では今週、民主党の大統領候補ジョー・バイデン氏への支持を呼び掛ける公開書簡に、同国のシェフやレストラン経営者150人超が署名した。

 この書簡には、コロナ対応を放置した
   ドナルド・トランプ大統領
の判断ミスが新型コロナウイルスの感染拡大対策の失政で飲食業界は「存続の危機」に直面していると訴えた。 

 同書簡は、「トランプ政権は感染拡大対策に失敗した」ため、「飲食業界は現在、年末までに推定2400億ドル(約25兆円)の損失を被る見通しとなっており、多くのレストランや小規模事業者が経営破綻寸前に追い込まれている」と主張した。

 コロナ危機が発生した直後から「飲食業界は現政権に支援を訴えてきたが、大統領は、あらゆる局面で対応を誤った」と批判し、トランプ氏が大統領の任に堪えないことが証明されたと続けた。

 同氏は飲食業界やわれわれの従業員、顧客を失望させた。
 こうしたリスクがあまりに高いため、同じ道をこのままたどることはできない等と主張している。


 バイデン氏の選挙陣営は今のところ、書簡に署名した人々の氏名を公開していない。
 ただ、業界専門誌「イーター(Eater)」の調査によると、署名したシェフやレストラン経営者らは150人を超えており、シェフのエリザベス・フォークナー(Elizabeth Falkner)氏やシェフパティシエのダフ・ゴールドマン(Duff Goldman)氏、ニューヨークのシェフで料理本著者のアニータ・ロー(Anita Lo)氏、ニューオーリンズ(New Orleans)のレストラン「コンペール・ラパン(Compere Lapin)」の店主ニナ・コンプトン(Nina Compton)氏らが名を連ねているとしている。
  

ひとこと

 ならず者国家の本質であり、劇場型の政治家を選択すると大きな禍に陥るという実証だ。


    
posted by manekineco at 20:40| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気にする数でもない


 韓国の日刊紙「釜山日報社」は、韓国の釜山東区に25日、ユニクロの新店舗がオープンした。
 
 反日活動を展開する文政権支持の左翼市民団体がこれに反発し不買運動に乗り出したと伝えた。
 記事によると、韓国の市民団体は同日午前10時ごろ、ユニクロの新店舗前で日本の歴史歪曲を糾弾し、謝罪と賠償を求める記者会見を行うなど素行の悪さが目立ったようだ。
 
 また、1人リレーデモを行い、ユニクロ新店舗に対する不買運動も呼び掛けるなど騒然とする環境を作り出した。
 
 この釜山東区のユニクロは昨年末に完工していたが、購買力の低い周辺商圏と対立関係が精鋭化し、反日政府の影響もあってオープンが延期されていた。
 市民団体は会見で、「抗日通り」や「慰安婦像」がある東区に新店舗をオープンさせたユニクロに対し、自由主義社会強く糾弾した。団体代表は「日本企業のユニクロは昨年に韓国で日本製品不買運動が盛り上がっていたとき、不買運動をおとしめる発言や歴史を歪曲する広告で韓国民の怒りを買った」と主張し、「それにもかかわらず、過去の歴史を反省し謝罪するのではなく、新店舗を利用して再び跳躍しようとしている」と批判した。
 
 その上で、日本政府に過去の歴史に対する心からの謝罪と賠償を求めたという。
 この市民団体は午前9時30分から「行きません」「買いません」と書かれたプラカードを掲げて不買運動を呼び掛ける1人リレーデモも行った。
 なお、午後9時までに約20人が参加する予定だという。
 一方、ネットでは「いくら批判されても買うよ。ユニクロはやっぱりコスパ最高」「韓国製品に日本の部品が使われていないものなんてないのに」「デモをするくらいなら、ユニクロを超えられる企業を韓国につくろう」などの声も上がるなど、経済の失政の批判が広がり反日文政権への嫌悪感が出てきているようだ。
 
   
ひとこと

 言いがかりをつける韓国の市民団体の強請り行動が始動したが、動員数は微々たるもの。


   
posted by manekineco at 06:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有事の情報収集も目的


 台湾国軍当局者は、ロシアの軍艦3隻が21日夜、東部の離島・蘭嶼沖を北に向けて航行したとメディアに明らかにした。
 
 軍では航路から、基地に戻る際に通過したとみている。
 
 国防部の史順文報道官は22日、台湾海峡周辺の海空域の状況は全て把握していると述べた。
 ロシア軍艦は21日午後7時ごろに台湾最南端ガランピ(鵝鑾鼻)の南約58カイリ(約107キロ)のバシー海峡に姿を見せ、北東に向けて航行した。
 
 蘭嶼から約10カイリ(約18.5キロ)の位置まで近づき、東部・花蓮沖に向かって航行した。
 
 
ひとこと

 通過船舶の情報捕捉の動きをレーダー等で行うが、相手に設置位置の情報を収集されるリスクがある。
 航空機に領空への接近などでのスクランブル発進も同様の目的であり、意図的に送らせる手法もある。
 中国軍が日本への侵攻を目論む際の抵抗となる軍事力の質の低下を日本の親中国代議士や中国進出企業の経営幹部、マスコミ、市民団体を工作員の影響を繰り返して妨害していることに注意が必要だろう。
 
 特に政治と経済は別などという思考の経営者が増えており、中国政府・共産党の支配下にある中国企業が民間企業と認識する愚かさに気づくことすらない阿呆な論理を信奉しているようだ。
 
 
   
posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする