2020年10月17日

英国が資本を支配し続ける可能性は低い


 英国のジョンソン首相は16日、英国が欧州連合(EU)と通商協定で合意できる可能性は低いと判断し、合意なしにEUの単一市場と関税同盟を離れる準備をすると言明した。
 ただ、交渉継続の道は閉ざさなかった。
 
 EUは「真剣に交渉」することを拒んでいると非難した。
 また、EUの担当者が「アプローチを根本的に変化」させて交渉に戻ってくるならば、いつでも耳を傾ける用意があると述べた。
 
 首相はテレビ局の代表取材で、「私が見る限りEUは自由貿易協定で合意する考えを放棄した」と発言した。
 
 「EUは英国に対し、カナダと同じ条件を提示する意思がない」とし、来年1月1日にEUと通商上の取り決めがなくなる事態を想定して準備すべきだとの結論に達したと明らかにした。
 一方、EUの行政執行機関、欧州委員会の
   フォンデアライエン委員長
は、集中協議のためチームをロンドンに派遣すると表明した。
 EUは「合意に向けた作業を続けるが、いかなる代価を払ってもよいということではない」と批判した。
 ただ、EUの交渉チームは「集中的に」協議するため予定通り来週ロンドンに行くとツイートした。
 英首相府報道官はバルニエEU首席交渉官と英国の交渉責任者であるデービッド・フロスト氏は来週初めに再び話し合うと明らかにした。
 報道官によると、フロスト氏はバルニエ氏にEUのアプローチに根本的な変化がない限り英国には交渉を継続する根拠はないと述べた。
 
 報道官の1人は、通商交渉は「終わり」で、譲歩と集中協議、合意文作成の用意がないならEUの交渉チームは19日にロンドンに来るべきではないと話した。
 
 
ひとこと
 
 英国の権益網が寸断していくことになるだろう。
 英仏戦争の拡大を利用したフランクフルトの金融業者が戦略的な取り組みによる莫大な利益を吸い上げる仕組みを構築させてきた。
 
 金、原油、石炭、穀物などを世界規模で支配し価格を統制してきたことは周知のこと。
 軸足を変えれば莫大な資本が国境を突破して移動すれば国力は大きな影響を受けることだろう。
 
  
  
posted by manekineco at 21:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする