2020年12月16日

石油需要の回復の遅れへの対応


 米国テキサス州労働委員会に送られた通知で大手石油会社
   エクソン・モービル
がヒューストンで700人余りの従業員を解雇する方針であることが分かった。


 エクソンでは10月に世界全体で従業員の約15%に当たる1万4000人を削減し、米国内で事務職を大幅に減らす可能性があると表明していた。

 この通知によると解雇日は2月2日で米国では約1900人の削減が予想されている。
 今回の解雇はその一環で米国の規模の5%を削減する流れだ。
 なお、エクソンの従業員は昨年末時点で8万8300人。


   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする