2020年12月22日

変異が続くと効果はどうか?


 欧州医薬品庁(EMA)は21日、米ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発した
   新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチン
を支持すると記者会見で発表した。
  
 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会から
   条件付き製造販売承認(CMA)
が付与されれば、域内で年内の接種開始が可能となる。
 フォンデアライエン欧州委員長は、欧州委は迅速に行動し、同日中に承認の是非を判断する見込みだとツイートした。
 
 
 申請が承認されれば、EUとして新型コロナワクチンでは初めてとなる。
  
 EMAの当局者は、英イングランド南東部で感染が広がる新型コロナの変異種に同ワクチンが有効でないと示唆する証拠はないと指摘した。
 変異種感染を念頭に、ロンドンでは20日から
   再びロックダウン(都市封鎖)
が実施され、カナダやフランス、ドイツなどが英国発の航空便の受け入れや英国との鉄道運行を停止した。
    


ひとこと

 感染状況が欧米と日本では異なる点を考えれば、薬効は人種や遺伝子により大きな差がある可能性もあるだろう。
    


  
posted by manekineco at 06:21| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出遅れる日本


 米国議会の上下両院は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響に対応する9000億ドル(約93兆円)規模の追加経済対策案を1兆4000億ドル規模の歳出法案と共に採決する見込みだ。
 この採決に先立ち、両法案のテキストが公表された。
 議会指導者らは両院での通過を見込んでおり、ホワイトハウスはトランプ大統領が署名するとの見通しを示している。
 まず下院、続いて上院で採決される予定。
 共和党のマコネル上院院内総務は議会議事堂で記者団に対し、「われわれは今晩、決着するまでここにとどまるつもりだ」と語った。


ひとこと 

 右往左往するだけで、批判はするが建設的な取り組みが見られない日本の与野党政治家の質の悪さは民主主義に置ける問題点のひとつだろう。

 東京都知事などマスコミ出身で世論誘導に長けた主張をするが政治家としての実効性が乏しい輩が広く見られるのも問題だろう。
 マッチポンプ的に有能な官僚や政治家を叩き潰しており、口先だけで言い逃れる政治家が生き残って政党内の地位を上げている点に注目する必要がある。

  

     
posted by manekineco at 06:07| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1−11月の全国の外資実質使用額は増加(中国)


 中国商務部の12月15日のデータによると、1−11月の全国の外資実質使用額は
   8993.8億元(前年同期比+6.3%
増加した(銀行、証券、保険分野を除く)。
 このうち、11月の全国の外資実質使用額は
   987億元(前年同期比+5.5%)
に増加し、8ヶ月連続の増加を実現した。
  


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする