2021年01月19日

コロナ対応も後手、横暴な韓国にも何も出来ない腑抜け政治家は国益を害する毒でしかない


 韓国外交部は18日、日本の茂木敏充外相が同日に行った外交演説で日本領土の竹島の領有権を主張したことについて、一方的に「強く抗議し、即刻撤回を求める」とする報道官声明を出した。

 また、日本政府に旧日本軍の慰安婦被害者への賠償を命じた韓国地裁の判決に関し、日本の一方的な要求は受け入れられないとした上で、日本政府も2015年の慰安婦合意当時に発表した謝罪と反省の精神に立脚して被害者の名誉と尊厳を回復し、両国間の建設的で未来志向的な協力を続けるために共に知恵を発揮することを求めると強調するなど暴走行動が続いている。

 茂木氏はこの日国会で行った外交演説で、竹島を日本の領土だと主張、日本政府に慰安婦被害者への賠償を命じた判決について「国際法上も2国間関係上も、到底考えられない異常な事態が発生したと当然の発言を行ったに過ぎない。
 
 
ひとこと
 
 韓国の罵詈雑言にいちいち反応する必要はないが、抗議より経済制裁を徹底し、領土回復への軍事行動をすべき時期だ。
 
 竹島から撤退しなければ韓国軍を殲滅して排除する腹をくくるべきで、いつまでも放置しておくことが問題だろう。
   
   
    
posted by manekineco at 06:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暴言を放置するな!!


 韓国外交部は18日、日本の茂木敏充外相が同日に行った外交演説で日本領土の竹島の領有権を主張したことについて、一方的に「強く抗議し、即刻撤回を求める」とする報道官声明を出した。
 また、日本政府に旧日本軍の慰安婦被害者への賠償を命じた韓国地裁の判決に関し、日本の一方的な要求は受け入れられないとした上で、日本政府も2015年の慰安婦合意当時に発表した謝罪と反省の精神に立脚して被害者の名誉と尊厳を回復し、両国間の建設的で未来志向的な協力を続けるために共に知恵を発揮することを求めると強調するなど暴走行動が続いている。

 茂木氏はこの日国会で行った外交演説で、竹島を日本の領土だと主張、日本政府に慰安婦被害者への賠償を命じた判決について「国際法上も2国間関係上も、到底考えられない異常な事態が発生したと当然の発言を行ったに過ぎない。
 
 
ひとこと
 
 韓国の罵詈雑言にいちいち反応する必要はないが、抗議より経済制裁を徹底し、領土回復への軍事行動をすべき時期だ。
 
 竹島から撤退しなければ韓国軍を殲滅して排除する腹をくくるべきで、いつまでも放置しておくことが問題だろう。
   
   
    
posted by manekineco at 05:46| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無能政権のコロナ対応と同じであり、放置して済む話ではない!!


 反日・親北朝鮮政策を強引に推し進めてきた韓国の左翼政権を率いる
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
は18日、青瓦台(大統領府)で年頭の記者会見を開催し北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記の訪韓について、「南北の間で合意した事項」として、「いつか行われることを期待している」と述べ、南北連絡事務所を爆破さ罵倒されても、「韓国訪問が先に行われるべきだと固執する必要はない」と主張、、「いつ、どこでも金委員長に会う用意があり、出会いが継続され、信頼が構築されればいつか訪問も行われると思う」と続け、傀儡政権としての真価を発揮している。
 
 その上で、「金委員長の平和に対する意志、対話に対する意志、非核化に対する意志は明確にあると思う」と強調し、北朝鮮の大量破壊兵器の開発を間接的に支援し続ける姿勢を示した。
 文大統領は「北が求めているのは、米国から確実に体制の安全を保証され、北と米国の関係が正常化しなければならないということ」と人権無視の北朝鮮の主張を代弁し、「これをどう履行するか合意できず、ハノイでの米朝首脳会談が物別れに終わった」と意味不明の言葉の羅列を行った。
 
 20日に発足するバイデン米政権に関しては、「トップダウン」より「ボトムアップ」の会談を好むとされる。
 
 米朝が緊密に対話をすれば核兵器の破壊力の向上と大陸弾道弾の性能を引き上げることが可能となる時間的余裕が生まれ恫喝によるツールを北朝鮮が手に入れることになり
   「十分に解決策を見つけられる」
といった真意を画した主張を行ったうえ、「解決策を見つけられるよう、韓国も最善を尽くす」と朝鮮半島の赤化統一で、日本への核兵器の使用を含めた軍事的行動を起こす謀略のシナリオが進められるということを明らかにしたようなものだ。
 任期内の南北首脳会談の可能性に関しては、「残っている時間が多くない」と早い解決を目論み、「南北関係の発展という成果を出せば、首脳会談はいつ、どこでもできる。急ぐことはできないが、残りの最後の時間に最善を尽くしたい」と続けた。
 
 
ひとこと
 
 国連安保理決議違反ともいえる北朝鮮の密漁船への燃料供給など遭難名目の支援や人道支援名目の物資提供により北朝鮮の軍事力強化を側面協力が行われており、日本国民への脅威が高い状況を作り出しており、ゴロツキ韓国への対応が腰が引けて弱すぎる。
 
 新任の駐日韓国大使のこれまでの発言を報道もしない日本の公共放送や民間報道機関は韓流工作で接待漬けになった社員が跋扈して影響を拡大させている結果であり、問題の根は深い現実があることに注目する必要がある。
 
  

posted by manekineco at 05:23| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の新造船受注量が韓国を上回り、2年ぶりに世界一に戻った


 世界の造船業界は2020年の新型コロナウイルス感染症と経済の不確実性という二重の影響下で約30年来の大不況に陥っており、各国の造船企業の手持工事量はいずれも大幅に減っている。
 中国工業情報化部は、2020年の中国の新造船受注量が韓国を上回り、2年ぶりに世界一に戻ったことを明らかにした。
 
 2020年の中国と韓国の新造船受注量の世界シェアはそれぞれ48.8%と41.4%で、世界1位と2位で日本は7%という。
 統計によると、2020年の中国の造船竣工量と手持工事量が世界全体に占める割合はそれぞれ43.1%と44.7%で、世界シェアがあるという。
 
 
     
posted by manekineco at 04:48| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多くの情報を報道するのが公共放送の役目だ


 インドは数日前、突如として中印国境に第17軍団と、インド三大軍団の一つである第1軍団の2つの部隊を追加した。
 
 前回の軍団と合わせて、合計3つの主要部隊が中印国境に集中しており中国とインドが冬に戦争を起こす可能性が高くなってきている。
 
 ただ、予想外だったのは、1月11日に中国側が撤退を開始したという情報がメディアを通じて流されており中国政府の情報操作が行われた。
 
 
ひとこと
 
 戦略的な動きであり、民主国家のインドへの圧力は中国の資本を受け入れたパキスタンやバングラディッシュとの軍事作戦が始める可能性もある。
 
 資金提供で中国軍の軍港離用が出きる港の整備が進んで有ろ、インド洋が戦場になりかねない。 
 これは日本の原油の運搬ルートの遮断にもつながるものともなり、常に意識が必要だろう。
 ただ、こうした動きを報道することを抑制している公共放送や民間放送の姿勢が問われる。 
 
   
  
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする