2021年01月23日

五輪開催を優先する阿呆の論理


 英国では大規模な新型コロナワクチン接種計画が進行中で、これまで約500万人が接種した。
 
 感染力が強く致死率が高い可能性が出てきた変異種の拡大が止まらない英国のジョンソン英首相とパテル内相は従来から繰り返してきた4月までには通常に戻れるとの見通しを示すことをやめた。
 新型コロナウイルスの感染拡大予防対策として英国が実施している3度目のロックダウンは長引く様相になっている。
 
 英国政府では制限緩和を考え始めるのは時期尚早だとして警戒感を明確にした。
 今も制限ルールを無視する人が続出しているため感染拡大を封じ込めることが一層困難になっている。
 
 こうした感染拡大の阻止が出来ないとの懸念から、英国政府は現在の制限措置の順守を強化する方針に転換した。
 パテル内相は、個人宅でパーティーが開かれた場合には参加者に警察が800ポンド(約11万3000円)の罰金を新たに科すと発表した。
 
 記者からは夏の旅行を予約していいだろうかとの質問に、現時点の助言は自宅にとどまるようにということだと内相は答えたうえ、「制限措置を解除できる時期について話す、もしくは推測することさえ今は全くもって時期尚早だ」と発言したうえ「英国は今もコロナ禍にある」と続けた。
 ロックダウンを夏まで続ける必要があるかとの問いに対しジョンソン首相は、その可能性を排除せず、新型コロナ変異種は「極めて感染力が強く」、英国は「間違いなく、この先数週間は厳しい状況になる」と警告しており、東京五輪開催などというお祭りごとに血道を上げ、日本国内に感染を拡大させるリスクを受け入れようとしている思考不全の日本政府の愚かさとは異なる状況にあるようだ。
 

  
posted by manekineco at 07:52| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変異ウィルスにはワクチンがあまり効かない?



 中国に忖度したことで対応が遅れ、出資者などの硫黄に影響を受けやすい体質がしみ込んだともいえる
   世界保健機関(WHO)
のワクチン安全性諮問委員会は22日、ワクチンを接種した高齢者が死亡したとの報告は「もともと病弱な高齢者の一部で想定される全死因死亡率と死因の範囲内であり、ワクチンが死亡の一因になったとは入手可能な情報からは確認できない」と発表し米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンが高齢者の死亡の一因となった証拠はないと判断しことを明らかにしたうえ、このワクチンを引き続き使用するよう呼び掛けた。
 
 ワクチンのリスクと恩恵をてんびんにかければ、「高齢者にとって依然、恩恵が上回る」と説明した形だ。

 同委員会は19日に会合を開催し、高齢の末期患者の一部がワクチン接種後に死亡したとの報告を検証した。

 死亡例はノルウェー当局が先週明らかにしており、複数の当局は
   ワクチンの副反応
が被接種者の基礎疾患を悪化させた可能性があるとの見解を示し、WHOとは異なる見解をしめしていた。

  

ひところ

 リスクを呑み込めクスリとなればの話だ。

 全ての人に効果があるものはないため、各自の判断で選択することが必要だろう。

 大規模な人体実験との批判が出ている欧米の医療関係者のワクチン接種拒否について詳細に報道しない日本のマスコミの一部には五輪開催で宣伝料を確保したい意向が反映している可能性もあり、話半分といったところだ。

 変異ウィルスにワクチンが効かず致死率が高いといった研究結果が出ている。ワクチン接種で回避できない現実を日本国民に知らせない無能政治家やマスコミの害が国力を低下させてきた。

 いまだ阿呆のごとく五輪開催をしたい政府の質の悪さは致命傷だろう。



posted by manekineco at 07:41| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

変異種への対応が遅れ続けている日本


 英国ジョンソン首相はロンドンで22日に行った記者会見で、変異種が従来種より危険なわけではないとしてきた政府見解について、新たな証拠を基に政府が見直しを始めたと明らかにした。
 
 会見では英国で発見された新型コロナウイルスの変異種はこれまで従来種よりも感染力が強いとされていただけではなく、死亡率の上昇と関連がある可能性もあると語った。
 ジョンソン首相は「感染力が強いことに加え、死亡率の上昇にも新たな変異種が関連している」可能性を示す証拠が出てきていることを明らかにした。
 
 なお、「現在のあらゆる証拠は、英国が現在接種を進めているワクチンはいずれも従来種とこの変異種に対して依然有効であることを示している」と続けた。
 
 
ひとこと
 
 感染力が強ければ確率的に死亡率が高くなるのは当然ともいえる。
 白人に有効なワクチンが黄色人に有効かは不明だ。
 また、感染の割合や致死率の差も個々の遺伝子や体質などによっても異なるのはインフルエンザなど他のワクチン接種でもいえるもので西欧で優先的に接種したデータがそのまま日本人に適応できる部分もあるが全てではないだろう。
 
 やたら欧米に意識が傾斜したマスコミ報道の偏向的な情報の拡散は時にして問題を広げてきた。
 
 五輪開催時の対応の遅れの責任に一端がマスコミの報道抑制にあったのは周知のことだろう。
 
 全く感染防止に機能が欠落している布マスクを配布した阿呆に忖度した官僚や与野党政治家の質の悪さを追及できていないマスコミの為体はいただけない。
   
posted by manekineco at 07:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓流工作を排除すべき


 韓国貿易協会の金栄柱(キム・ヨンジュ)会長は21日、近く離任する駐韓日本大使
   冨田浩司氏
をねぎらうため昼食会を開いた。
 貿易協会によると、金氏は約1年2カ月間の在任中、日韓の関係改善と経済交流に努力してくれたとして冨田氏に感謝の意を示した。
 次期駐韓大使の相星孝一氏とも引き続き協力できるよう助力を求めた。
 
 ただ、日本領土である竹島を李承晩時代に軍事侵攻し実効支配したまま居座り続けている状況を放置したままで韓国との経済関係を継続させてきた行為自体がそもそも問題だ。
 また、最近の政治的懸案が両国の経済交流を冷え込ませることのないよう共に努めるとともに、民間の経済協力が一層活性化し、持続するよう関係改善に力を入れてほしいと要求するなど厚かまし発言が繰り返された。
 日本政府は先月25日、親韓国ともいえる冨田氏を駐米大使に充てる人事を決めたが韓国政府の宣伝工作を行うリスクがあれば排除しべきだ。
 
 
   
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする