2021年01月25日

変異種の感染拡大抑制に四苦八苦する欧州


 英国は変異種流入を阻止するため、水際対策の強化を検討しているという。

 フランスでは過去24時間の新規感染者が
   1万8436人
と、約1週間で最少となったとのこと。

 ただ、ジュルナル・デュ・ディマンシュ(JDD 仏紙)はこうした中でもフランス政府は英国で拡大している
   変異種の感染拡大抑制
を目指し、数日中に再びロックダウン(都市封鎖)を行う可能性があると報じた。


ひとこと

 責任回避に長けた菅首相の言い回しは嫌悪感を覚える。
 治世者としての責任韓の欠落は前政権と同じで変化を感じられない。
 やはり忖度官僚を周りにおいて、重宝している動きが無責任さを際立たせているのだろう。

   
   
posted by manekineco at 20:10| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッタモンの大統領が席を譲ったのは幸いだ


 バイデン米大統領の就任式のテレビ視聴者数は、4年前のトランプ前大統領の就任式を上回った。
 新政権になってもニュースチャンネルが視聴者の関心を維持する可能性が示唆された。
  

 大手テレビネットワーク6局で前回のトランプ氏の就任式の時は3840万人だったが、バイデン氏の大統領就任式のテレビ中継を視聴した人は3990万人と上回った。
 また、CNNの視聴者数が約1000万人と、6局の中で最多となった。
  
 今回の数字は、米史上初の黒人大統領バラク・オバマ氏が就任した2009年の視聴者数(約5100万人)は大きく下回ったものの、昨年に大統領選や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)、全国的な抗議運動など重大なニュースが続いた後、視聴者の関心が持続していることを示唆したようだ。
 
  
ひとこと

 社会の混乱を引き起こしたバッタモンの大統領では治安の悪化が広がる明りだった。
 バイデン氏が再び秩序を回復させるだろう。
 韓国や中国の暴走もトランプ青磁の影響であり、強い修正をさせる必要があるのは明らかだ。

 喧嘩を売ってきた韓国政府に対し、単に遺憾などという表現では済まないことを知らしめ、二度と舐めたことが言えないように経済を叩き潰す寸前まで締めあげるため強い経済封鎖を行う必要があるがオッチョコで無能政治家が続いている日本が行動で切るのかが問題でもある。


   
posted by manekineco at 19:36| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

約束違反?効き目がそもそも期待できるのか?


 米国や欧州では、新型コロナウイルスワクチンの供給が滞りを見せている。
 
 一部の国では「法的対応」を予告した。
 また、ワクチン1ビン当たりのワクチン接種回数を増やす「ワクチンの絞り出し」方法が考案されたり、1次接種と2次接種の間隔を延ばす方法も用いられている。


 BBCなどの23日(現地時間)の報道によると、アストラゼネカの報道担当は前日の22日に「コロナワクチンの初期供給量は予想より減るだろう」と語った。
 
 なお、アストラゼネカは、供給量がどれほど減るかは具体的に示していない。
 
 ロイター通信の取材で匿名の欧州連合(EU)の関係者からの情報として、第1四半期の供給量は、当初計画されていた8000万回分より60%ほど減の3100万回分になるだろうと語ったと伝えた。
 
 なお、アストラゼネカのワクチンは、今月末ごろに欧州医薬品庁(EMA)の承認を受けるとみられる。
 
 ファイザーでも14日、ベルギー工場の生産施設の拡張工事のため、来月初めまでにEUに供給することとなっている物量は供給できないと通知している。
 
 これまでEUはファイザーのワクチンを6億回分購入することで合意している。
 イタリアのジュゼッペ・コンテ首相はこうした医薬品メーカーの行為について、フェイスブックで「深刻な契約違反」と述べ、「アストラゼネカに契約事項を順守させ、国民の生命を保護するために、あらゆる法的手段を使う」と語った。
 
 イタリア政府では、先に供給縮小を通知してきたファイザーに対しても、法的対応の方針を明らかにしている。
 
 また、ポーランドとオーストリアの当局も、アストラゼネカのワクチン供給遅延に対し、措置を取るという立場を示した。
 バイデン政権が成立した米国でもワクチン不足となっており、「ワクチンの絞り出し」という妙手を打って早い対応を模索している。
 
 ファイザーのワクチンは1ビンに5回分だが、実際の用量は不足に備えて6回分入っているため、無駄の出ない低容量注射器を用いて6回の接種に用いることで、計画より20%多く接種できる。
 
 米食品医薬品局(FDA)では銅日、低用量の特殊注射器の使用を承認した。
  
  
posted by manekineco at 05:24| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘い対応をすべきではない。


 日本の茂木敏充外相は23日、「外務大臣談話」を発表した。
 日韓政府間合意により朝鮮半島に日本が保有した資産68兆円あまりを韓国政府に引き渡したことで全ての日韓併合時代の問題が韓国政府が負担する形になった。
 これまでの政府間合意を無視した韓国の裁判所の判決は、国際法上、国家は主権を有し、互いに対等な存在であることから、原則として、外国の裁判権に服することはないとの主権免除の原則から、日本国政府が韓国の裁判権に服することは認められないのは当然のルールだ。
 韓国の地方裁判所の判決は、国際法及び日韓両国間の合意に明らかに反するものであり、極めて遺憾であり、断じて受け入れることはでないと主張した。
 韓国に対し、国家として自らの責任で直ちに国際法違反の状態を是正するために適切な措置を講ずることを改めて強く求める」との立場を明らかにした。
 日本政府は一審判決後、韓国の裁判権を否定するという趣旨で控訴を放棄し、23日に判決が確定した。判決には従わないから、韓国政府が「適切な措置」を取るべきとの主張を行った。
  

ひとこと

 そもそも、日韓併合自体が李氏朝鮮の開明派の画策で行われたものであり、日本が欧米諸国同様に韓国を植民地化しておれば日韓併合などという無駄な費用を掛け、義務教育や社会インフラの整備などをする必要もなかった。
 ロシア帝国の南下政策で朝鮮半島が併合されておれば居住した朝鮮人も現在のアムール川周辺のロシア系朝鮮人が民族浄化とも言うべき中央アジアへの強制移住が行われ、朝鮮半島はロシア人が大部分を占める地域となっていただろう。
 そもそも、敗戦後、日本領土の竹島を軍事支配したままの韓国との通商関係を他の諸国と同様にすること自体が問題であり、自衛権を行使し領土を奪還すべきだろう。腰抜けで口先だけ勇ましい愚かな政治家の戯言ばかりでは舐められてしまっている。
  
 第二次世界大戦は戦略的な誤りで米英蘭仏ソ連など当時の軍事強国を一度に相手にしたために敗北したものであり、韓国や中国に敗北したのではない。
   

posted by manekineco at 04:58| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際資本の謀略には常に警戒が必要だ


 イラン国営のイスラーム共和国通信(IRNA)は、イランの
   モハンマド・ジャヴァード・ザリーフ外務大臣
とアイルランドのサイモン・コヴェニー外務大臣がビデオ会議形式で会談し、両国関係と核合意が取り上げられたと伝えた。

 ザリーフ大臣はイランは当初から核合意上の取り決めを履行していると主張したうえ、「米国の離脱と欧州連合(EU)諸国の約束不履行によりイランは核合意上の利益を得ることができず、従って取り決めを減らした。制裁解除と米国の取り決め復帰に向けてイランは全取り決めを履行する用意がある。核合意の完全履行は制裁の解除にかかっている」と述べた。

 ザリーフ大臣は、米国の離脱から2年後に欧州側が延期したことによりイランは国際原子力機関(IAEA)の監視下で取り決めを減らしたと説明した。

 また、「イランは常に米国政府が核合意に復帰し、その他関係国も取り決めを履行した場合にイラン政府も迅速に復帰することを宣言してきた。米国の新大統領は核合意への復帰に対して条件を付けているが、どの国が取り決めを履行せずに離脱したのかは指摘していない。イランが核合意を完全に履行した場合に米国政府も復帰すると約束している」と話した。

 コヴェニー大臣もイラン・アイルランド関係は重要であると明かした。
 在イラン大使館は財政上の問題により数年前に閉鎖されたが現在再開に向けて取り組みを開始したと説明した。コヴェニー大臣は、このことはアイルランド当局がイラン関係を重視していることの表れであると述べた。


ひとこと

 米国のトランプ政権の過度なイスラエル寄りの姿勢や中東に置ける原理主義宗教が国是のサウジによるイエメン侵攻を招いたことは明らかであり、軍産複合体制が産業の中心に据えている米国やユダヤ国際金融機関の資金源であり、混乱や秩序の破壊はイデオロギーの対立なども工作しあらゆる対立軸を作り出し金を儲けてきた。

 第二次世界大戦で日本が排日政策の影響から戦争に引き込まれ、多大な犠牲を強いられ海外領土を手放したことでも明らかだ。

 こうした国際資本の意のままに動き莫大な資産を提供し続けている日銀の金融政策や財務相の資質が大きな問題だ。
  
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする