2021年02月04日

信頼性のない政府の話


 米国のバイデン大統領と韓国の文在寅大統領が電話会談を行った。
 
 トランプに媚を売り親北朝鮮政策を加速させた文大統領が阿る偏執を隠蔽したまま米韓関係を改善し、時間稼ぎで核開発など大量破壊兵器の性能向上を目論んだ執り成しも、胡散臭い事実が露呈したためトランプ前政権の政策の揺り戻しで揺れた同盟の再構築を目指す考えで一致したと韓国政府が成果としてメディアに情報を流した。
 文大統領は4日にバイデン氏と会談した後、「新型コロナウイルス感染症(COVID19)や気候変動、経済の二極化といった世界的な課題が山積する中での
   米国の復帰
を歓迎したとフェイスブックに成果を誇張する様な表現で投稿した。
 また、バイデン大統領と私は、共通の価値観に根ざした米韓同盟の一層の改善を約束したとも主張し、「われわれは常に団結し、朝鮮半島の平和と世界的課題に取り組む」と表明するなど媚びながらの摺り寄り方は尋常ではない卑しさだ。
 両首脳は「包括的」な対北朝鮮戦略をできる限り早期に策定する必要性で合意したと主張した。
 
 朝鮮半島の非核化で協力すると、両国政府が表明したことを韓国大統領府の
   姜a碩報道官
が明らかにしただけで米国政府からの反応は聞かれ無かった。
 
 さらに、地域の平和と繁栄の維持には米韓日3カ国の協力が極めて重要な役割を果たすとの見解を共有したと主張、米国政府から日本政府への圧力を期待している節がある言い回しだ。
  
 
 
ひとこと
 
 信頼性が欠落した韓国の左翼政権がら出ている情報であり、話の内容は半分程度だろう。
 
 北朝鮮の軍事的野望は朝鮮戦争勃発時と変わらない。
 38度線を突破して軍事侵攻する可能性は常に残っており、中距離ミサイルの開発で九州北部が射程距離に入るため、韓国への兵站線が破壊され、在留邦人の避難では韓国からの工作員が紛れ込みテロは破壊活動を実行するリスクがある。
 
 このため有事における邦人の避難ではABC兵器を持ち込む可能性が高くなり、避難民は全員隔離が必要で、身元の厳格な確認等適合者の排除が重要となる。
 そのため、リスク回避から言えば早急に大手都市銀行は資金を引き上げる必要があり、在留邦人も帰国する判断をすべき時期が近づいているかもしれない。
 親韓国で浮かれて韓国に居住していても、軍事侵攻が始まれば韓国内の社会インフラの破壊から始まるため移動手段はなくなり、人質になる可能性もある。
 
   
    
posted by manekineco at 21:21| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小心者に政治が出きるか?


 米国ダラス地区連銀の
   カプラン総裁
は29日、米連邦準備制度による
   巨額の債券購入プログラム
を巡っては、内部で「活発な」議論が繰り広げられるとの予想を示した。
 
 一方、同プログラムを縮小できるほど経済が十分に進展したか判断するにあたっては、慎重でありたいと述べた。
 なお、パウエルFRB議長は27日の記者会見で、「出口に焦点を合わせるのは時期尚早だ」と言明している。

 カプラン総裁は今年の米経済が5%程度、あるいはそれを上回るペースで成長することが可能だとも予想した。
 追加経済対策に伴う財政出動の規模次第だと述べた。
 資金を小出しにする愚かな政治がまかり通る日本の女衒官僚や忖度議員が跋扈していては経済は回復どころか沈下低迷するばかりだ。
 
 
ひとこと

 バブル崩壊後の経済策の愚かさと同じで何も効果がない小出しの資金投入の手法は無駄そのものだ。
 資金の大量投入や消費税の一時停止、基礎控除や扶養控除の倍増で可処分所得を増やす必要がある。
 アベノマスクなどと同じ阿呆の官僚や政治家の判断がまかり通るのは経済回復の息の根を止める愚策だ。



   
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国政府の工作には警戒が必要


 中国外交部の汪文斌報道官は3日の定例記者会見で、中国は、オーストラリアの一部メディアに職業倫理を守り
   イデオロギー上の偏見
を放棄し、共産党が独裁し公安部門が中国人を監視し自由思想を封じ込める活動がある社会が自由諸国から批判されている
   中国にかかわる問題
について無責任な発言を取りやめるよう警告した。


 オーストラリア連邦裁判所では2日、中国籍の中国人企業家である
   周澤栄氏
がオーストラリア放送協会などを起訴した案件に判決を言い渡し
   被告の行為
は誹謗だと認定され、原告である周氏に損害賠償として59万オーストラリアドルを支払うと同時に、該当番組の動画や記事の削除を求めた。


 この判決に対して汪報道官は、中国政府は一貫して相互尊重、互いに内政に干渉しないなどの原則の上で他国との関係発展を堅持している。ここの所、オーストラリアの一部メディアやジャーナリストは、彼らがいう中国によるオーストラリへの
   「干渉」「浸透」
を喧伝し、際限なく中国を中傷し、両国関係を破壊しようとしており「彼らの信用がすでになくなった」と指摘しました。
 
 
ひとこと

 中国の本質を露呈する発言。

  
     
posted by manekineco at 06:17| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大規模工場7カ所を2月末まで「封鎖」する方針(タイ)


 タイ保健省は2日、新型コロナウイルス感染症第2波の震源となっているバンコク西郊のサムットサコン県について、県内の
   大規模工場7カ所
を2月末まで「封鎖」する方針を明らかにした。
 工場側では従業員の宿泊施設、移動手段を確保し、従業員が市中に出ないようにして、操業を続けるという。
 すでに工場4カ所が封鎖を開始し、残る3カ所が準備を進めている。
 
 また、タイ軍、地元当局が封鎖を支援する。
 7カ所で働く従業員は約5万人で、ほとんどがミャンマーからの出稼ぎ労働者とのこと。
 タイでは昨年6月以降、新型コロナの国内感染がほぼ収束した状態が続いていたが、12月にサムットサコンでミャンマー人労働者を中心とする大規模クラスターが発生した。
 12月18日から2月2日までに1万5511人の感染が確認され、このうち1万1969人がサムットサコンに集中していた。
 
    
  
posted by manekineco at 06:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする