2021年02月10日

口から出たこと言葉は元に戻らない


 東京五輪・パラリンピック組織委員会の
   森喜朗会長
の女性蔑視発言に対し、沈黙が容認と受け取られ、事業活動に影響が出かねない状況に陥り始めた経済界でも批判が強まっている。

 トヨタ自動車の長田准執行役員は10日、2020年4〜12月期決算発表で記者の質問に答え、スポンサーとして豊田章男社長名で「誠に遺憾」との見解を示した。

 豊田社長はスポンサーに就いた経緯として「スポーツを通じた平和で差別のない社会を目指す五輪・パラリンピック精神に共感した」とした上で、森氏の発言はトヨタが大切にしてきた価値観とは異なる」と強調した。

 なお、豊田氏は同組織委の副会長を務めたこともある。
 トヨタと同様に最高位のスポンサーを務めるブリヂストンでは米国での事業への影響もあり
   「性別による差別は一切認めない」
とコメントした。

 政治家との言っての距離感を持った動きを続けてきたトヨタはこれまで会社としての論評を避けてきた。
 長田氏は、コメント発表に踏み切った理由について「トヨタが何を大切にしているのかを正しくご理解いただくために、沈黙するわけにはいかないと判断した」と説明した。

 また、子会社がスポンサーに名を連ねるENEOSホールディングスの役員も「誠に遺憾だ」と述べた。
 
 既にスポンサー企業からは「女性蔑視」「多様性に反する」といった批判が相次ぎ四面楚歌の状態だ。

 消費者から抗議を受けた企業もあり、不買運動を警戒する声も出始めた。
 グローバル企業であるトヨタの対応は、これまで沈黙を守ってきた他のスポンサー企業にも影響を与えそうだ。



ひとこと

 世界戦略を考える企業であれば当然の反応だ。
 石川県に関わりのある小松製作所などの反応はまだ見られないようだ。
   
 覆水盆に返らずという...
   
posted by manekineco at 21:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国製ワクチンの副作用は?


 eスポーツの専門サイトであるImbaTVの創始者の一人
   海濤(ハイタオ)さん
は、ネットに「実際には、中国製ワクチンの副作用は実に大きい」と書き込んでいるとの情報が流れた。
 新型コロナウイルス用のワクチンについての話と考えられる。

 ネットではこのワクチンについて有効性や安全性についてさまざまな主張が投稿されている。

 中国メディアの中国新聞網によると、中国政府の新型コロナウイルス用ワクチン開発専門チームの責任者である国家衛生健康委員会の
   曾益新(ズン・イーシン)副主任
は1月9日、同ワクチンについて
   「当然ながら一定の割合で副作用は発生」
しているが、その他のワクチンと基本的に同じと説明した。
 また、主な症状は接種部位が赤くなったり腫れや痛みが生じることで全身症状として発熱や脱力感、気分の悪さ、頭痛、筋肉の痛みもあるが、一般的に処置の必要はなく、2、3日で自然に回復すると続けた。

 同時点までに中国では累計900万件以上の同ワクチン接種が実施されたと話し、「中国の新型コロナウイルス用ワクチンの安全性は証明された」と主張した。


ひとこと

 効果はあるのかどうかは時間が経過しないとわからないし、体内の残留期間がまだ明らかにはなっていない。


    
posted by manekineco at 06:23| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチン接種は焦る必要はない 信頼性のある日本企業のワクチンの開発を急ぐべきだろう


 中国共産党機関紙人民日報の国際版「環球時報」では
   中国製の新型コロナワクチン
がすでに50か国以上に提供される中で、「ワクチン接種が遅れている日本と韓国が焦りを見せている」と報じた。
 この記事では、最初にペルーの首都リマに現地時間7日夜、中国からの新型コロナワクチン30万本が到着して大統領自らが出迎えたと紹介した。
 
 続けて、中国外交部の発表を基に、「中国から53の発展途上国にワクチンが提供される予定で、すでに22カ国に対して輸出済み、または輸出準備中だ」とした。
 韓国メディアの中央日報が8日、新型コロナが世界の200余りの国・地域にまん延する一方、現在ワクチン接種を始めた国・地域は73にとどまっており、残りの3分の2はワクチンの影すら見えない状態だと伝えた。
 
 文政権のK防疫などという
   「まやかしの対策手法」
では新型コロナ感染症の拡大阻止できないどころか、言論統制と移動制限を強化して自由にものが言えない状況を作り出し、真実をねじ伏せ捏造した偏向的な反日情報などに踊る大衆からもワクチン不足の問題が日増しに深刻化するのに伴い、あまり注目されてこなかったロシアと中国のワクチンに向き始めている」と主張するとともに、ワクチンの調達が遅れた韓国も、中国製ワクチンの導入に続々踏み切っている欧州諸国の動向を注視すべきと報じたことを紹介した。


 日本の菅義偉首相は8日の衆議院予算委員会でワクチン接種の具体的なスケジュールを求められた際に、「有効性、安全性を踏まえた上で2月中旬より開始する」と説明し「標準的な答え」を繰り返した。
 
 黄色人種に対して効果の確認がまだ取れていない欧米のワクチンや信頼性の乏しい中国製ワクチン導入より、塩野義製薬など日本企業の開発した国産ワクチンの接種を早急に検討すべきだ。
 
 国民の健康と引き換えに欧米国際資本の影響下にある海外ワクチンの接種による利権構築を最優先する姿勢はタミフルがラムズフェルド関連企業への利益供与と同様の動きで問題だろう。
 
     
posted by manekineco at 06:17| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常時監視社会


 
 香港特区政府警務処のケ炳強・処長は2月6日、「香港版国家安全法」の施行以来の状況について説明した。
 香港各紙は7日、「香港版国家安全法」の発効からこれまでに97人が逮捕され、うち8人がすでに起訴されたと伝えた。
 
 ケ処長は「香港版国家安全法への抵触は深刻な事件であり、捜査を慎重に行い、詳細な証拠を集めて初めて起訴できる」と指摘、「香港版国家安全法」違反によって逮捕された者のうち半分余りは1月にようやく逮捕されていることを指摘した。
 
 過去の「セントラル占拠行動」の事件でも起訴されたのは数年後であることを挙げた。
 
 「香港版国家安全法」違反の最初の事件は昨年7月に発生しているため起訴は時期尚早だと主張した。
 
 また、昨年11月に設置された「香港版国家安全法」の通報ホットラインにはこれまでに4万件余りの通報(密告)が寄せられ、多くの通報について対処が可能だと続けた。
 
 香港政府が中国共産党への抵抗となる組織を潰すため個人情報の暴露を刑事化する立法作業を推進していることについては、警察が要求するまでもなく香港政府が深刻な問題としてとらえているようだ。
 
 警官の個人情報暴露だけでなく、裁判官や政見の異なる者など共産主義体制の崩壊など社会全体にかかわることから「こうした卑劣な手段は社会への影響が大きく、警察は刑事化を支持する」と主張した。
 
 
ひとこと
 
 平和、民主などと首相する共産主義国家の実態だろう。
 何事も共産党幹部の権益が最重要とした保護対象であることは習近平の家族情報や資産状況などが国家機密扱いで、暴露は反逆罪に等しい処罰を受けることでも明らかだ。
 
  
posted by manekineco at 06:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放置された問題を処理する動き


 米国で警備が厳重であった連邦議会がトランプ支持派により占拠された事件を先導したとして議会下院で弾劾訴追された
   トランプ前大統領
の弾劾裁判の実質的な審理が9日、上院で始まった。
 
 トランプ氏の弾劾裁判は2020年1〜2月に続いて2回目となるもので、退任後の大統領を対象とした裁判は史上初めてとなる。
 大統領は既に9日に退任していたものの在任中の不適切な行動について弾劾裁判にかけることの合憲性を巡って議論、採決する。
 
 検察官役を務める民主党は退任後でも裁判の対象となりうると主張した。
 この主張に対して、トランプ氏の弁護団は「私人への裁判は違憲」として裁判に根拠はないと反論した
 弾劾裁判の開始に先立ち、9日は裁判の進め方を定める運営規則を賛成89、反対11で可決した。
 
 この裁決に反対したのはトランプ支持派の中心人物であるクルーズ上院議員ら全員が共和党だった。
 
 選挙後の上院(定数100)の勢力は民主、共和両党が50議席ずつで有罪評決には出席議員の3分の2が必要となるため、共和党から17人の造反を要することから訴追のハードルは高い。
 なお、正式な冒頭陳述が10日から始まり、民主党とトランプ氏側がそれぞれ最大16時間を使って議会占拠を巡る主張を展開する。
 
 陪審員役の上院議員の質疑応答、最終弁論などを経て評決に移る運びとなっている。
 ただ、上院では追加の新型コロナウイルス対策や人事の承認など処理すべき案件が山積しており、民主党では裁判の短期決着をめざす向きもある。
 
  
posted by manekineco at 05:32| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮から自由を求める逃避行が増加


 黄海に面した北朝鮮の港から、木造船が3隻同時に忽然と姿を消した。
 それも、夢金浦(モングムポ)の海水浴場管理所の保衛指導員(秘密警察)とその家族、そして朝鮮人民軍(北朝鮮軍)を除隊したばかりの人1人の4人の乗組員も一緒だったために大事件となり、現地は大騒ぎになっている。


 米国の諜報網に流れた情報によると、昨年末のこと黄海南道(ファンヘナムド)の龍淵(リョンヨン)郡で事件が起きたという。
 この郡内には、黄海に突き出した長山串(チャンサンゴッ)という岬があるが、そこから15キロほど南下すると、白翎島(ペンニョンド)という島がある。
 ただ、この島は韓国領となっており、韓国の仁川(インチョン)からは200キロ離れているものの、北朝鮮までは十数キロという極めて特異な位置にある。

 失踪した保衛指導員は、船に乗って海上を漂うゴミを回収する作業を熱心に行っていた。
 この作業をより円滑に進めるために、各機関の許可を得た上で、木造船をさらに3隻をレンタルしたという。

 ただ、この3隻は作業開始前の昨年末、港から姿を消し、不審に思った海水浴場の管理所の職員が、龍淵郡安全部(警察署)と保衛部(秘密警察)に通報し、秘密警察らが探索したところ4人が姿を消したことが確認された。
 保衛部は捜索に乗り出したところ防波堤のそばで漂っていた2隻の船だけを見つけた。
 
 韓国政府は脱北者の入国について、一部の例外を除き公式には確認しないという姿勢を取ってきた。
 この報告を受けた道党(朝鮮労働党黄海南道委員会)は、この一件が中央に知れたら大問題になるため、夢金浦海水浴場を封鎖し、事件のことが広がらないようにかん口令を敷いた。
 郡党(朝鮮労働党龍淵郡委員会)、安全部、保衛部dえは住民に対して、4人は漁に出て事故で遭ったと宣伝した。
  
 これまでも、この海域では、以前から船に乗って、或いは泳いで韓国にたどり着き亡命する事例が起きている。
 白翎島付近では、2014年7月には、北朝鮮の民間人1人が、木造船に乗って韓国に亡命した。
 また、2018年5月には、朝鮮人民軍の佐官級将校1人と労働者1人が、小型船に乗って韓国に亡命した事例もある。
 昨年9月には、韓国・海洋水産省所属の男性公務員が、この海域の海上を漂っていたところ、北朝鮮軍に射殺される事件が起きた。
 
 
    
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする