2013年05月21日

エクイティスワップ(equity swapping)

 
 債務と資本を交換するということ。
 
 会社の経営者から見ると貸付金と資本金あるいは株式の交換となります。
 なお、会社法が改正になり、それに伴って税法も変わりました。
 
 今までは貸付金を増資に充てて何の問題もありませんでした。
 しかし、法改正となった現在では、貸付金の時価と資本金の増加額の差額、 債務消滅差益という益が税法上、出ることになります。
 
 今までは債権を資本金に振り替えただけで自己資本比率がよくなるとか、 相続税上有利になるといったメリットから、 時価が幾らかによって債務消滅差益が出るようになりました。


   
  
 
   


 
 
   
posted by manekineco at 21:38| 為替用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする