2010年09月23日

金融派生商品

 株式、債券、外国為替などの従来の商品から派生してできた商品のこと。
 デリバティブとも呼びます。  
 金融派生商品は従来の金融商品の受け渡しや売買に伴う様々なノウハウを組み合わせ、商品化したものなどで、株式などの金融商品の相場変更によるリスクを回避する手段として開発されました。
 相場変動を回避することを
      ヘッジ
と呼び、従来の投資とデリバティブを組み合わせた
     ヘッジファンド
という投資信託もあります。
 しかしながら、デリバティブの取引を増やしすぎて巨額の損失を被る場合も起きることがあります。  
 金融派生商品はリスクをヘッジするために開発されましたが、金融商品である以上リスクは存在しています。

posted by manekineco at 11:42| 為替用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする