2010年09月23日

アクティブ運用(active investing)

 運用成績を評価する基準指数となる
    ベンチマーク(東証株価指数や 日経平均株価など)
を上回る収益を狙う運用手法のこと。
 運用責任者が独自の判断で積極的に銘柄を絞り込んで投資を行います。
 市場の平均的な投資収益率を狙うパッシブ運用と反対の意味で使われ、 銘柄選択が成功した場合は市場平均を上回る運用成績を上げる可能性がある一方で 失敗すると値下がり損が生じたり、銘柄選択の為の調査や売買に伴う費用が多くかかったり する弱点もあります。
 年金ではアクティブ運用よりもパッシブ運用が大きなウェートを占めつつあります。

posted by manekineco at 11:44| 為替用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする