2013年10月02日

NY金先物市場は米政府閉鎖の影響限定的との見方から7週ぶり安値

 NYMEXの金先物相場は7月以来の大幅安となり1300ドルを割り込んだ。
 
 
 米国政府機関の閉鎖は
   短期で収束するとの見方
から、金に資金を逃避させる動きが後退し7週間ぶりの安値を付けた。
 
 NY株式市場では株価が堅調に推移し、MSCIオールカントリー世界指数は一時0.7%上昇した。

 
 
COMEX部門
 金先物12月限
  1オンス=1286.10ドル
   前日比−3.1%
 
 
 
posted by manekineco at 05:03| 新製品・新技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする