2014年04月30日

ガス価格の上昇余地が依然としてある


 米国のエネルギー生産会社は天然ガスよりも原油生産を重視している。


 ゴールドマン・サックス・グループは、6年ぶりの高値に達している
   ガス価格の上昇余地
が依然としてあるとの見方を強めている。


 ルーミス・セイレスによれば、各社はガス先物が約10年ぶりの安値に下落した2012年に原油生産へと重点を移した以降、ガス価格は2倍以上に上昇し、寒波の影響で在庫が落ち込む中、今年に入って高騰しているgあそれでもなお、原油の方が引き続き収益性が高い。


 ゴールドマンは今月、供給増加を促すにはガス価格が
   100万BTU(英国熱量単位)=5.75−6.50ドル
で取引される必要があると指摘した。


 これは現在の水準を少なくとも19%上回る。

 ガス生産で米2位のチェサピーク・エナジー は、今年のガス生産の伸びが原油の半分のペースにとどまるとの見通しを示した。


    

      

 



     
   




     
posted by manekineco at 20:19| 名言・格言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする