2015年04月29日

引き寄せの法則

   
 「引き寄せの法則」とは「富を強く思えば富を、幸せを強く思えば幸せを引き寄せられる」というものです。

 この考え方は20世紀前半に欧米の思想界の流れを大きく変え、ジョセフ・マーフィー、ナポレン・ヒル、デール・カーネギー、スティーブン・R・コヴィー、中村天風など、多くの思想家や成功者を生み出したともいわれます。

 現在ではさまざまな成功者が実践し、その方法論を発表していますが、「引き寄せの法則」概念を世界に初めて紹介したのが、本書の著者ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンでした。
 
  
 
 
  
 ・ 【原典完訳】引き寄せの法則
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 思い込みや独りよがりも成功すれば、人生のメルクマールにもなる思考とされて持てはやされるものだ。

 なかなか、その神髄は言葉に表すことは難しいだろう、起こりうるいろいろな出来事を体験しながら対応することが成功へのステップになっているものの、誰もが出来るようで出来ないという矛盾が根底にある。

 成功するにしても大の字がつくかどうか...
 
 
  
   
  
 
 
 

   
 
 
 
 
    
posted by manekineco at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック