2015年06月16日

F35、4機購入で正式契約 本体1機96億円

 
 

 
 日本政府は29日、航空自衛隊の次期主力戦闘機に決定した米航空宇宙大手ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)社製のF35ステルス戦闘機について、4機分を正式契約した。
 
 防衛省によれば、1機当たりの本体価格は1億2000万ドル(約96億円)。
 
 
 これに訓練用シュミレーターなどの関連経費を加えた調達費用として、約600億円を計上している。

 当初の予定では、1機あたり1億1000万ドル(約89億円)だった。


 F35をめぐっては、開発の遅れにより価格の上昇が懸念されており、今年2月には田中直紀(Naoki Tanaka)防衛相(当時)が総額47億ドル(約3740億円)に上る42機分の発注を取り消す可能性に言及していた。
 
 
 

   


 
 
 
        
 
    ・
】へのリンク

 
 
 
 
   
posted by manekineco at 19:28| Comment(0) | 株の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: