2015年12月05日

11月の雇用統計内容は堅調だが、世界経済の成長ペースや中国の景気減速を考えれば、ピークだ。


 投資会社ブラックロックのファンダメンタル債券担当部門の最高投資責任者(CIO)
   リック・リーダー氏
は米国の労働市場を見ると11月の雇用統計内容は堅調だったとメディアの取材で述べ、約12カ月間にわたって平均で約22万人の雇用増を記録してきたが、これは非常に力強い数値だと続けた。

 今の世界経済の成長ペースや中国の景気減速を考えれば、ピークに達していると考えるとの認識を示した。

 米国の金融政策当局がここにきて
   正常化へのプロセス
を始めようとしているのは皮肉だと語り、正常化は正しいと思うが、もう少し早く開始することも可能だったと考えると続けた。
 
 なお、11月の米雇用者数は前月比で21万1000人増と市場予想を上回る伸びを示している。


 イエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長が示した米国経済は力強く、利上げに必要な条件が整っているとの自信を裏付けたかたちだ。
 

  

  




   
posted by manekineco at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック