2015年12月06日

ジャムコ(7408) 16年3月期の年間配当を前期比5円増の40円にすると発表


 航空機の厨房設備やシートなどを製造する
   ジャムコ(7408)
は30日、 2016年3月期の年間配当を前期比5円増の40円にすると発表した。

 なお、従来予想は30円だった。


 今回、純利益の20〜30%を配当する方針を初めて策定したのを受けて見直す。

 航空機向け需要は拡大傾向で、今後も収益成長が見込めると判断。増配で個人株主の取り込みを狙うと報じられた。 




ひとこと

 航空機への事業参入は旧来からの権益網を突破して市場を確保することになる。
 既存勢力の摩擦は政治問題にすり替えられ、利益が生み出せなくなるリスクもある。

 こうした影響力の排除が出来れば企業がさらに大きく発展することになるだろう。




     

 



    
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック