2016年04月16日

古代の「集団墓地」発見、人骨80体 アテネ

 
 

 
 ギリシャの首都アテネ(Athens)近郊でこのほど、男性の骨80体が埋められた集団墓地2か所が見つかった。考古学者らは、これらの人骨について、古代アテネの僭主(せんしゅ)になろうと反乱を起した貴族キュロン(Cylon)の追随者らのものである可能性があるという。

 地方考古学局のステラ・クリソーラキ(Stella Chryssoulaki)局長が14日、ギリシャの古代遺産を管理する考古学中央評議会(Central Council of Archaeology)で今回の調査結果を発表した。

 ギリシャ文化省の声明によると、今回の発見は「非常に重要」なものであるとして、評議会はさらに詳細な調査を開始する予定だという。

 考古学者チームは、人骨とともに見つかった小型のつぼ2個から、集団墓地の年代を紀元前675〜650年頃と特定。ギリシャ文化省によると、これは「同地域で大きな政治的混乱が起きた時代」だという。

 アテネ郊外の海近くにある古代墓地跡の発掘調査中に見つかった人骨は、並んだ状態で発見された。うつぶせのものもあれば、あおむけのものもあり、うち36体には、鉄製の手かせがはめられていた。発掘現場は、新たな国立図書館と国立歌劇場の建設予定地となっている。

 考古学者チームの調査では、見つかった歯の健康状態が良好であることが分かった。これは、人骨が若く、健康な男性のものであることを示している。この事実は、男性らがキュロンの追随者だった可能性があるとする説を後押しするものだ。

 キュロンが紀元前7世紀に企て、失敗した反乱については、古代歴史家のヘロドトス(Herodotus)やトゥキディデス(Thucydides)の書に詳述されている。

 有力貴族アルクメオン家のメガクレス(Megacles)は、反乱の共謀者らを皆殺しにした。だがこの行為は、神聖を汚すものとして、市の権力者らから非難された。歴史学者らによると、古代アテネ史におけるこの劇的な一幕は、2500年間に及ぶアテネ民主政の到来を告げる政治的転換への貴族社会の抵抗の表れだったという。
 
 
 
 
posted by manekineco at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック