2017年02月07日

アントン・ドレクスラー(Anton Drexler) ドイツ労働者党の共同設立者のひとり


アントン・ドレクスラー
     (Anton Drexler)
   
      1884年6月13日−
            1942年2月24日

 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)の前身である
   ドイツ労働者党
の共同設立者のひとり。
 
 鉄道労働者の息子としてミュンヘンに生まれ、国民学校卒業後、1901年にベルリンに上京したものの、失業して帰郷している。
 1902年から機械工として働き始め、この頃には既に反ユダヤ主義、反マルクス主義的な思想を持つようになっていた。

 第一次世界大戦(1914年(大正3年)から1918年(大正7年))中にはドイツ主戦派の大衆組織
   ドイツ祖国党
に参加した。

 1918年3月には職場だったバイエルン王国王立鉄道中央工場の同僚と共に
   「良き和平のための自由労働者委員会」
を組織した。

 また、ヴァイマル共和政ドイツのジャーナリストで政治活動家の
   カール・ハラー
と共に保守系右派民族主義団体「政治的労働者のサークル」を設立。

 ドレクスラーの思想的指導者は、「全ドイツ人同盟」の指導者
   パウル・ターフェル
でニュルンベルク・アウクスブルク機械工場経営者・バイエルン産業家連盟の代表役員だ。
 
 敗戦後の1919年1月5日
   「ターフェルの慫慂」
によりディートリヒ・エッカート、ゴットフリート・フェーダー、ハラーと共にドイツ労働者党(DAP)を設立。

 同月に国際プロレタリアの挫折と兄弟思想の失敗」と題する論文を発表いた。
 続けて「我が政治的目覚め」と題するパンフレットを発表した。

 なお、このパンフレットが当時復員してミュンヘンにいた
   アドルフ・ヒトラー
に影響を与えたという。

 1919年9月にミュンヘンで集会を開催した。
 その際に演説したバウマン教授を論破したヒトラーを見て興味を抱いた。

 ドレクスラーはヒトラーに党のパンフレットを渡し、入党を促した。
 ヒトラーはドレクスラーの求めに応じて同月12日に入党した。

 1920年2月24日、ドレクスラーはヒトラーをホフブロイハウスで開催する党大会に参加させた。
 大会においてヒトラー主導の下で25カ条綱領が発表され、党名を
   国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP)
と改名した。
 
 党名改称後、党内ではヒトラーが頭角を現し、1921年に入るとヒトラーの勢力は盤石になった。

 これに危機感を覚えたドレクスラーは、6月にヒトラーがベルリンに出かけている間に無断で他の右翼政党との共闘や合併を協議し始めた。

 ドレクスラーの裏切り行為を知ったヒトラーは7月11日に離党を宣言した。
 ただ、党幹部は党の顔であるヒトラーの離党が党消滅に繋がることを危惧し、引き留めに躍起となった。

 3日後、ヒトラーは党への復帰の条件として自分に独裁権を与えるように書面で要求した。
 党幹部はこの要求を認めたため、ヒトラーは復党した。


 ドレクスラーは7月25日にミュンヘン警察にヒトラーを危険人物であると密告した。
 しかし、取り合ってもらえず7月29日、554票中553票を得てヒトラーは新党首に選出された。
 ドレクスラーは名誉党首に祭り上げられ、党での実権を失った。

 1923年11月の
   ミュンヘン一揆
の際、自宅にいたドレクスラーはヒトラーに呼び出されて計画を聞いたが、恐れて参加しなかった。
 しかし、一揆の失敗後に警察に逮捕された。

 この事件によりナチ党が一時解散を強いられた。
 ドレクスラーは党を離れて
   「民族ブロック」
に参加し、1924年から1928年にかけてにバイエルン州議会議員を務めた。

 なお、この間の1925年には民族社会主義人民同盟を設立した。

 同年ナチ党が再建されたがドレクスラーは加わらず、復党したのはヒトラー内閣成立後の1933年になる。

 1934年には党創設者としてヒトラーから1923年11月9日記念メダルを授与された。

 しかし、以後も政治権力は与えられず、彼の存在は1937年まで党の宣伝のために利用された。

 ドレクスラー自身は、この勲章授与に感激し、以後熱烈なヒトラー支持者となった。
 その後、彼はミュンヘンに隠棲し、第二次世界大戦中の1942年に同地で死去した


 
 

   
posted by manekineco at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447154617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック