2017年02月02日

菩薩(ぼさつ)


菩薩(ぼさつ)

 梵名ボーディ・サットヴァ(बोधिसत्त्व [bodhisattva])

 仏教において一般的に成仏を求める修行者のことを指す。
 菩提薩埵ともいわれる。

 菩薩は、悟りを求めて、修行中ではあるが、人々と共に歩み、教えに導くということで、庶民の信仰の対象ともなっていった。
 
 sattvaとは「生きている者」の意味で衆生や有情と意訳された。

 菩薩という用語は仏教成立以前から存在したか否かについての定説はない。

 仏教成立以前から存在したとされる
   声聞や縁覚
とともに、修行段階を指し示すものとして用いられている。

 菩薩の意味は時代が下るにつれ
   波羅蜜行
に至らない修行者や、ついには在家信者も含めて衆生皆菩薩とする説が唱えられ拡大していった。


 
     
   
posted by manekineco at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社寺仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック