2017年03月31日

「下院自由議員連盟」を牽制


 米国大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は、医療保険制度改革法(オバマケア)の撤廃・代替案に反対した下院共和党保守派グループの
   「下院自由議員連盟」
について、2018年の中間選挙で協力しなければ民主党に加え「彼らと戦わなければならない」と激しく批判した。

  
 トランプ大統領は30日朝のツイートで、「自由議員連盟が協力して迅速に動かなければ、共和党のアジェンダ全てに悪影響をもたらす。2018年には彼らと、そして民主党と戦わなければならない」と記述した。 



ひとこと

 愚かとしか言えないツイートだ。
 共和党内にある敵に宣戦布告したものであり、これでトランプ政権の法案が通る可能性はより低くなっていくだろう。

 支持率が米国民の半分もなく誕生した政権であり、共和党議員の多くもその事実を理解している。
 国民の支持を得られていない大統領であり、協力的な姿勢を高圧的に求めるのは逆効果だろう。

 中間選挙を考えれば、支持率が低下傾向にあるトランプ氏と対立関係にあった方が有利になることも考えられる。


 
 

   
posted by manekineco at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック