2017年04月07日

相場上昇を制限する政策を廃止


 チェコ国立銀行(中央銀行)は6日のプラハでの会合で
   通貨コルナ
の相場上昇を制限する政策を廃止することを決めた。
 これまで同中銀はスイス中銀にならってデフレ回避に向けて2013年にコルナ上限を導入した。

  
 チェコ中銀はインフレ加速への対応として、欧州中央銀行(ECB)が非伝統的措置を縮小させる前にコルナ上限撤廃に踏み切った。
 
 導入したこの政策によって、コルナ相場は3年余りの間1ユーロ=27コルナまでに抑えられてきた。
 
  コルナは中銀発表後に1ユーロ=26.89コルナまで上昇した。

  
 
 

  
posted by manekineco at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック