2017年04月11日

乳幼児のハチミツは摂取はリスクが高い。


 ボツリヌス毒素について研究している東京農大の
   丹羽光一教授
        (病態生理学)
によると、菌は土や川など自然界に広く存在し、成人でも辛子レンコンなどでの食中毒も起きているという。
  
 
 蜂蜜の場合、酸素が苦手な菌が自分を守るために殻を作り出した
   「芽胞(がほう)」
という形態で存在し、低酸素状態になると発芽して強い毒を出すことになる。
 
 121度で一定時間加熱すれば死滅するとされるが、家庭の調理では難しい。
 
 そのため、1歳までは腸内の菌の種類が大人と違い、消化吸収の機能も未熟なため、腸内で増殖しやすく、重症化すると呼吸困難や呼吸停止に至ることもあることはよく知られている。
 
 
  
  
posted by manekineco at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448908760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック