2017年05月17日

「悪玉」がん細胞に変化するマクロファージの元になる細胞を発見


 マクロファージは免疫細胞の一種で
   白血球の一種「単球」
から変化して細菌の排除などの役割を果たすものだが、がん細胞周囲において
   腫瘍関連マクロファージ(TAM)
に変化し、がん細胞を攻撃するT細胞などを抑制したり、転移を促進したりするなどの「悪玉」に転じる。
 
 この単球はこれまで、GMPと呼ばれる単一の前駆細胞から分化すると考えられてきた。


 東京医科歯科大学樗木俊聡教授らの研究チームは通常は免疫細胞として働くのに、がんの増殖や転移を促進する
   「悪玉」に変化するマクロファージ
の元になる細胞を発見した。
  
 細胞表面にあるたんぱく質の違いで
   cMoP
という別の前駆細胞の存在が判明した。
 cMoPが単球を経るとTAMになることが分かったという。
 
 研究チームでは、cMoPの働きを一時的に抑制できれば、単球やTAMの生成が抑えられて新たな治療法につながる可能性があるため、候補となる物質の探索を進めているという。 


ひとこと

 ガン細胞が宿主のコントロールが樹かなくなり暴走することが問題。
 暴走を行う前に止める方法は体質の改善や生活習慣を整えることになるだろう。 


    

  
posted by manekineco at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック