2017年05月19日

ロバート・スワン・ミュラー三世  第6代連邦捜査局(FBI)長官


ロバート・スワン・ミュラー三世
     (Robert Swan Mueller III)
       1944年8月7日 -

 米国の法律家、司法官僚

 第6代連邦捜査局(FBI)長官を2001年9月4日-2013年9月4日務めた。

 2017年5月17日に2016年の米国大統領選挙におけるロシアの干渉の捜査のため司法省から
   特別検察官
に任命された。

   
 
 ニューヨークで
   アリス・C(旧姓 トゥルースデール)
   ロバート・スワン・ミュラー
夫妻の間に生まれ、ペンシルベニア州フィラデルフィアの郊外で育った。

 母方の曾祖父はデラウェア・ラッカワナ・アンド・ウェスタン鉄道の社長を務めた
   ウィリアム・トゥルースデール
である。

 祖先はドイツ系、スコットランド系、イングランド系が含まれている。


 ミュラーは1962年にセント・ポールズ・スクールを卒業し、プリンストン大学に進学した。
 その後、ニューヨーク大学で国際関係学を専攻し、1973年にバージニア大学法学大学院で法学博士の学位を取得した。
   

 アメリカ海兵隊に入隊し、3年間にわたり士官を務めた。
 ベトナム戦争では第3海兵師団のライフル小隊を指揮し、ブロンズスターメダル、2つの海軍称揚メダル、パープルハート章、武勇十字章を受章した。
   
 米海軍を退役後はバージニア大学法学大学院で学んだ。
 最終的に法律審査に従事している。

 法学博士の学位を取得した後、ミュラーは1976年までサンフランシスコで弁護士として働いた。


   


   

    
posted by manekineco at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450041164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック