2017年06月16日

OPECの減産目標を達成し価格を支援するには在庫が減少しなくてはならない


 エネルギー調査会社WTRGエコノミクス(アーカンソー州ロンドン)のエコノミスト
   ジェームズ・ウィリアムズ氏
はメディアのインタビューで、
   石油輸出国機構(OPEC)
が減産目標を達成し価格を支援するには在庫が減少しなくてはならないが、現状の減少ペースでは遅過ぎると指摘した。

 今の生産レベルでは実現しないことがますます鮮明になっていると語った。
 一方、需要も強くないため、「本当の意味で強気なシナリオを描くのは難しい」と述べた。
終値ベースで昨年11月14日以来の安値。ロンドンICEの北海ブレント8月限は8セント下げて46.92ドル。
  


ひとこと

 経済回復の流れだが、天然ガスなどエネルギーの多様化が進んでおり、再生エネルギーの増加が過去のような原油の上昇を鵜暗ガス可能性は少ない。
 市場に資金が流れ込んで商品市場が活発な動きを示すような資金環境にはなっていかないだろう。





   
posted by manekineco at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック