2017年07月10日

米戦略爆撃機B1Bの飛来に過剰反応


 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙の労働新聞は9日付紙面で
   米戦略爆撃機B1B
が8日に朝鮮半島に飛来し、楽劇訓練を行ったことについて、、B1B爆撃機の朝鮮半島への展開を「核戦争の導火線に火をつけようとする戦争狂の危険な軍事的ギャンブル」と強く非難した。

 米軍は8日、グアムの空軍基地からB1B爆撃機2機を韓国上空に展開したうえ、韓国軍の戦闘機と合同攻撃演習を実施した。

 この訓練は北朝鮮が4日に実施した弾道ミサイル「火星14」の発射実験への対抗措置。
 北朝鮮は火星14について、大陸間弾道ミサイル(ICBM)と主張した。
 
 
ひとこと

 北朝鮮の暴走が実際に被害を生じさせる段階に入ったことだ。
 軍事的な力の差を考えれば、北朝鮮など韓国軍の通常兵器で攻撃対応させれば済むことだ。

 ただ、鎮圧までの時間や砲撃で韓国国内が混乱するなど、投資資金が回収できなくなるリスクを考慮すれば短時間で殲滅できる米戦略爆撃機B1Bの投入で金正恩を狙った斬首計画を実行するのが経費的には一番安く被害が少ないということだ。

 中国ロシアとの打ち合わせが必要な部分は政権崩壊後の避難民の動きや、両国内の少数民族である朝鮮族の動向だろう。

  



    
posted by manekineco at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック