2017年08月10日

「国家転覆」の罪で拘束中の韓国系牧師を釈放


 北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は9日、2015年に同国で身柄を拘束され
   「国家転覆」
の罪で無期労働教化刑(無期懲役に相当)に服役していた韓国系カナダ人牧師の
   ヒョンス・リム(Hyeon Soo Lim)氏(61)
が、医療上の理由で仮釈放されたと明らかにした。

 カナダ政府の特使が平壌(Pyongyang)を訪れ、リム氏の件で交渉に当たっていた。
 KCNAはリム氏の解放について「病気による保釈」であると伝えた。

  
 
 

   
posted by manekineco at 05:57| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。