2017年10月11日

議員がホワイトハウス内部と近くで以前よりも深刻に戦争についてささやく言葉が増えている。


 米国議会上院のクリス・マーフィー民主党議員は9日、ツイッターで「トランプは北朝鮮と戦争を望むという点を示唆し続けている」と投稿し「多くの議員がホワイトハウス内部と近くで以前よりも深刻に戦争についてささやく言葉を耳にしている」ことを明らかにした。 


ひとこと

 武器の放棄を迫るにしても、無理な話だろう。
 時間が長くなれば兵器の性能が向上し威力が増すという現実を見るべきだろう。

 夢想家とも言うべき日本の政治家が、自衛隊が飛行艇を導入する際にガソリンを撒くと兵器になるため反対を唱えた。
 その後、神戸で震災が起きったが、飛行艇を導入しておれば、大火とならずに鎮火出来ただろう。

 先を見る意思もなく、平和という幻想で物事を考える政治家ばかりでは国民が被害を受けるだけだ。


    
 

    
 

 
   
posted by manekineco at 06:01| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。